News ニュース

AKB48冠番組が少しだけ格上げしてリスタート! 「聞いた?」→「聞いたかも?」2022/06/08

 AKB48の「楽曲」の魅力を通して、一般企業や地方自治体・学生などとAKB48がタッグを組んで新しいコンテンツを創作する、テレビ東京のドキュメントバラエティー「AKB48、最近聞いた?」が6月28日に終了。そして新たに7月12日から、新番組「AKB48、最近聞いたかも?」(火曜深夜1:35)がスタートすることが発表された。

 「AKB48、最近聞いた?」はこれまで、群馬県の山本一太知事と会議し、小栗有以が主演の群馬とのコラボドラマ「ADオグリの事件簿」の制作決定までこぎつけたり、赤字脱却を目指す駿河湾フェリーとコラボし、静岡県の「ヒガナンアンバサダー」への就任が決まったり、さらにはラジオ局にレギュラー番組をもらえるよう放送局の垣根を越えて交渉し、YBS山梨放送とエフエム秋田での7月からのレギュラー番組を射止めてきた。

 こうして地方の協力者とコラボを行いながら、地道な草の根活動で知名度をあげてきたAKB48。「『AKB48を、最近聞いた人』が少しは増えただろう」ということで、タイトルを「AKB48、最近聞いたかも?」とかすかに前進させ、コラボをオファーしてくれる自治体・企業も増えてきたことでよりパワーアップした内容で送る。

 とはいうものの、ここのところすっかり平和なのほほんムードが漂っていたAKB48内で、一部のメンバーから匿名で「最近競うことがないので、ハラハラした戦いもたまにはしてみたい」との不満が寄せられた。そこで本来のガチな「戦うAKB48」という姿も引き出すために新コーナーとして、AR(拡張現実)を駆使した近未来スポーツ“HADO”とコラボし、全30試合(予定)というこれまでにない規模のスポーツイベントを3カ月にわたり展開していく。

 番組プロデューサー兼カメラマンのテレビ東京・高橋弘樹氏は「汐留で毛利さんという人にサヨナラする番組など、他局でもAKB48がチラホラ勢いを取り戻し始めました。テレ東のド深夜の予算のなさは異常で、プロデューサー・演出がカメラマン兼務。iPhoneで撮影した映像をひたすら地上波で垂れ流すという番組作りですが、iPhoneの予想以上の画質と、そうした撮影手法だからこそ撮影できる、普通のテレビでできないヨリ、カメラワーク、アングル、構図という撮影技術的な側面もマニアックに楽しんでもらえればと思います。たまに指摘されるのですが、iPhone関係からは1円ももらってません」とAKB48復活の気配と、その低予算を逆手に取った番組作りに自信をのぞかせている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.