News ニュース

「ちむどんどん」“ニーニー”竜星涼がトークショーに登壇。セリフ生披露に観客歓喜2022/06/06

 NHK総合ほかで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8:00ほか)のトークショーが、「沖縄めんそーれフェスタ」が開催された東京・サンシャインシティ噴水広場で行われ、黒島結菜演じるヒロイン・比嘉暢子の兄で、“ニーニー”こと比嘉賢秀役の竜星涼が、ゲストとして登壇。ドラマの見どころや撮影秘話を語った。

 “朝ドラ”第106作となる本作は、ふるさと沖縄の料理に夢を懸けた暢子と支え合うきょうだいたちの、本土復帰からの歩みを描く、笑って泣けるほがらかな50年にわたる家族の物語。映画「フラガール」(2007年)や、「マッサン」「こもりびと」(ともにNHK)などの羽原大介氏が脚本を手掛けるオリジナルストーリーだ。竜星演じる比嘉家の長男・賢秀は、自由奔放、腕力だけは人一倍。勉強は苦手で素行も悪いが心優しい家族思いの人物。常に「比嘉家の長男」を自負し、家族のためさまざまな挑戦をするが、かえって迷惑をかけることが多い。

 会場には、賢秀がドラマの中で身に着けている「マグネット・オーロラ・スーパーバンド一番星」を手作りしてつけている子どもの姿も。竜星自身も「つけると気持ちが高ぶるんですよね」とうれしそうで、自身の役柄については、「本当にトラブルメーカーなニーニーですが、こういう役はなかなかやれない役柄なので、楽しんで演じています」と話した。また、来場者へのクイズコーナーでは、賢秀のセリフを生披露し、会場を大いに沸かせた。

  今後の見どころとしては、「さまざまな恋模様も動いていきます。賢秀や家族たちの成長に注目して、最後で楽しんで見てください」と呼びかけた。そして、イベント終了後には「自分自身、久々のイベントでしたが、『ちむどんどん』を見てくださっている方のぬくもりを直接感じられたのは、大きな収穫でした」と振り返った。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.