News ニュース

キスマイ・北山宏光が描く“病院で禁断の恋”はドクター&患者の三角関係!2022/06/02

 フジテレビ系で本日6月2日放送の「キスマイ超BUSAIKU!?」(木曜深夜0:25)では、新企画「キスマイが主演・脚本シリーズ」第2弾の「病院で禁断の恋」後編をおくる。

 同番組は、Kis-My-Ft2(北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣)が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指してさまざまな難題にチャレンジするバラエティー。今回の企画では、メンバー一人一人が出されたお題に対して、決められた設定の中でプランを演出するのだが、撮影場所や登場人物の設定まで、すべてそれぞれが考え、理想の物語を考案する。ヒロイン役のマイコと、どのようなストーリーを展開するのか? スタジオゲストには、大久保佳代子、ホラン千秋、莉子を迎える。脚本・演出・出演というなんともハイカロリーな挑戦で、後半戦もメンバーの暴走気味な脳内をのぞき見ることができそうだ。前編では、トータル78点で藤ヶ谷がトップに躍り出たが、今回そのポイントを上回るメンバーは出てくるのか?

 二階堂は「この人はマイコを必要としているんだ、というシーンを作って、完全に勝ちにいく!」と自身たっぷり。彼が演出したマイコは、なんとAIロボット。少しずつ自我が芽生えたマイコとの恋を描いた作品を紹介した二階堂は自画自賛する。しかし、大久保はマイコのAIっぽいあんばいと人間味のある顔のバランスに言及しつつ、二階堂本人の少々荒っぽい演技にダメ出しする。

 また、北山のVTRのテーマは“三角関係”。手術中に倒れてしまった医師役の北山をサポートする同僚の女性医師、そして過去に何かあったと匂わせる患者役のマイコが登場する。スタジオは「気になる!」「展開が多くて面白い!」と大興奮。莉子は「これ好きです! キュンキュンしました」とコメントし、同じくホランは「三角関係が大好物なんです」と絶賛する。一方、大久保は「本気で作り込んでいることに…」と複雑な表情を見せる。

 玉森は、がらりと趣向を変え、「先生と看護師の物語はありそうですが、患者と看護師の方が燃える!」と言い、マイコは誰もが憧れる“伝説の看護師”として登場する。めったに患者の前に現れないマイコが、玉森の前に現れ「お薬の時間だよ」とささやく。驚きの展開に、大久保は「発想が中2みたい!」とツッコむ事態に。

 そして、毎回“千賀劇場”としてその作品が賛否両論を巻き起こす千賀のVTRに。本人は周囲の期待の声が大きいことについて「僕自身プレッシャーはないです」と淡々と答える。作品に登場するのは、天才医師の千賀で、手術のたびに特殊な能力を使って患者の命を救うというものだ。ところが、患者のマイコの手術はうまくいかなかったようで、ついに事件が起きてしまう。莉子が「面白かった、最高でした」と評価するものの、ホランは「何だったのだろう…」と不思議な感覚に包まれてしまった様子だ。大久保も「千賀劇場は好きな方ですが、これは…」と語る。その中身とは一体!?

 収録を終え、北山は「このシリーズは、ゴールが最後まで分からないというか、考察をたくさんしていただきたいと思っているので、“あの表情は何だったのだろう?”など、たくさん散りばめられているポイントを踏まえて、楽しんで見ていただければと思いますね」とアピール。加えて、自分以外のメンバーの作品については「全部好きですね。“こんなに7人が違うんだ!”というのがあったので、それぞれ先が見たくなり飽きずに楽しむことができました。どれが一番か、というのは選べないです!」と振り返っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.