News ニュース

高橋克実が綾野剛主演「オールドルーキー」に出演。マネジメント会社の番頭に2022/05/23

 高橋克実が、TBS系で7月クールにスタートする連続ドラマ「オールドルーキー」(日曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 ドラマは、サッカー以外のスキルや経験が何もない、どん底に追い込まれた主人公・新町亮太郎(綾野剛)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマ。それと同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語となる。「HERO」シリーズや「海猿」シリーズ(ともにフジテレビ)、NHK連続テレビ小説「まんぷく」など、数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた福田靖氏脚本による完全オリジナル作品だ。

 高橋が演じるのは、新町が働くスポーツマネジメント会社「ビクトリー」の最年長社員・葛飾五郎。「ビクトリー」の番頭を務める葛飾は、若さあふれるギラギラした部下たちのストッパー的存在であり、「ビクトリー」の社長が唯一心を許している人物。温和で面倒見がよく、その笑顔の裏で幾多の試練を乗り越えてきた葛飾の存在感は、高橋そのものだ。そして、新町と同様に葛飾にも過去に一度挫折を味わった経験があり、新町の「ビクトリー」での新たな人生を通し、葛飾の過去が描かれることはあるのか注目だ。

 また、今作ではアスリートたちへのリスペクトとともに、スポーツが持つさまざまな魅力をリアルに届けるため、実際のトップアスリートたちに緻密な取材を行い、各話でさまざまなアスリートにスポットを当てていく。

 高橋は「知ってるようで知らない世界。現役のトップアスリートのマネジメント。引退したアスリートの第2の人生のマネジメント。スポーツしかやったことのない人が突然、実社会に放り込まれたら? 興味津々! 早く第1話が見たい!」と期待に胸を膨らませている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.