News ニュース

なにわ男子・大橋和也が「消しゴムをくれた女子を好きになった。」で主演。1人の女性を13年間思い続ける“片思い男子”に!2022/05/06

 なにわ男子の大橋和也が、日本テレビの「シンドラ」枠・第20弾として7月にスタートする連続ドラマ「消しゴムをくれた女子を好きになった。」(月曜深夜0:59、開始日未定。関東ローカル)で、連続ドラマ単独初主演を務めることが分かった。

 ドラマは、FUKUDA(W)氏による同名小説を原作とした、実話を基にした13年間におよぶ笑って泣ける青春ラブストーリー。大橋が演じるのは、中学から社会人まで、運命の恋を追い求め、同級生のさとみをいちずに思い続ける福田悠。何かとカッコつけたがりの自意識過剰で、厨二病をこじらせているが、なぜか憎めないかわいい男だ。

 中学2年生の時、シャーペンの芯を貸したお礼に消しゴムをくれたさとみに心を奪われた悠は、中学生から社会人に渡る13年間、“運命”と呼びたくなるような再会と別れを繰り返しながら、さとみに片思いをし続ける。そんな福田をずっと支える親友2人との男同士の友情も交えながら、仲間たちと、恋に青春に全力投球の主人公を応援したくなる、すべての恋する人、そして、恋したい人に捧げる物語が始まる。

 「13年間を演じ切るので、まず中学生役が務まるか不安だったのですが、スタッフさんは『中学生役は心配してないんだけど社会人に見えるか…』とおっしゃっていて…いや僕普通に社会人ですけどね!」と笑う大橋は、「今まで僕が経験してきたことを全力でぶつけながら、唯一経験したことのない『同じ人を13年思い続ける』ということがどういう心境なのか、しっかりと想像しながら準備をして撮影に臨みたいと思っています!」と気合十分。

 加えて「13年間のラブストーリーであり、僕が思いを寄せるヒロインだったり、腐れ縁の親友2人だったり、仲間たちとの青春ストーリーでもあるので、青春ならではのわちゃわちゃした楽しさだったり、切なさだったりの空気を作り出せたらなと思っています。まだ発表されていませんが、きっと彼らとであればそれが生み出せると確信しておりますので、そちらも楽しみに待っていてください! 恋愛、青春と誰もが一度は経験したことのある“想い”が詰まった笑いあり、涙ありの、誰もが楽しめるドラマです! ぜひニヤニヤしながらご覧ください!」とアピールしている。

 シンドラ公式YouTubeチャンネルでは、大橋からのスペシャルメッセージ(https://youtu.be/oe3Yx9AEXIs)も公開されている。

 そして、本作の監督は、大橋と同じなにわ男子の道枝駿佑が出演した「消えた初恋」(テレビ朝日系)でも監督を務めた草野翔吾氏が担当する。草野氏は「またもや、消しゴムから始まる恋!?…と、最初は驚きましたが、どこかで私の人生をのぞき見してたんじゃないかと思うくらい、似たような経験だったり、覚えのある感情が描かれた原作に、懐かしくなったり、恥ずかしくなったりしつつ、一気に引き込まれました。ぜひ皆さまにも毎週、懐かしさや恥ずかしさに身もだえしながら、福田たちの恋と友情を応援していただければと思います!」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.