News ニュース

中田英寿が番組企画を初プロデュース!「土曜はナニする!?」で“ほんもの”を見つける旅へ2022/03/31

 元サッカー日本代表の中田英寿が、4月2日放送のフジテレビ系「土曜はナニする!?」(土曜午前8:30=関西テレビ制作)でスタートする新企画「にほんもの学校」のナビゲーターを務める。

 山里亮太と宇賀なつみがMCを務める同番組では、「アナタの週末を楽しくするお手伝い!」をコンセプトに週末を有意義に過ごすために役立つ最新トピックスを届けている。番組開始2周年を迎えてスタートする新企画で、初めて番組企画をプロデュースする中田は、サッカー選手を引退後に日本各地を訪れ、日本の素晴らしさを伝える活動をしている。今回は中田の旅に同行する形で同企画が実現した。

 コーナータイトル「にほんもの学校」も中田自身の考案。タイトルについて中田は「12~3年間、日本全国をまわって、各生産者、陶芸や農業を営む方たちを訪れています。その中から、日本の“本当に良いもの”や、日本の“良い人”をつなげるという意味で“にほんもの”と名付けました」とタイトルに込められた思いを語る。

 現在も日本の“良いもの”を求め、毎月のように日本各地をまわっているという中田だが、ロケ冒頭には「自分でずっとやってきたんですけど、ぜひともより多くの人に知ってもらいたいなということで、今回、皆さんのお力を借りて進めていきたいなと思います」と狙いを明かしている。

 記念すべきコーナー第1回の舞台は、新潟県。「千年の歴史を誇る伝統の塩引き鮭」や「一生ものの一点もの!100年使える!?調理器具」など、中田が新潟県で出合いたかった“にほんもの”を訪ねる。

 初回の撮影を終えた中田は「10年以上日本各地をまわりましたが、まだまだ知らない、日本の良い文化がたくさんあるなとあらためて感じています。このような文化をできる限り多くの人に伝えていければと思います。この企画を通して、“日本の素晴らしい文化”がどれだけあるのかをもう一度再認識してもらいたいです。普段、商品やものから見えない背景を知ることが、その魅力を変えるほど重要であることを、ぜひ皆さんにもお伝えできればと思います」と話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.