News ニュース

Kis-My-Ft2、感謝を胸に新たな一歩を踏み出す!「RIDE ON TIME」最終話2022/03/25

 フジテレビで本日3月25日放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜1:05、関東ローカル)は、デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2特集の最終話。いよいよ幕が開いた全国アリーナツアー「Kis-My-Ftに逢える de Show 2022」ライブ初日、10周年を経た7人が、感謝を胸に新たな一歩を踏み出す姿を映し出す。

 年明け、10周年を記念したツアーに向け、準備は大詰めを迎えていた。初日まであと10日と迫ったリハーサル室には、今回のために新しく作られた3種類の衣装が届けられた。その中でも、ライブ中盤で着用する衣装には、刺しゅうがふんだんに施され、背中には10周年を意味する“X”の文字、そして前面にはメンバーそれぞれのイニシャルが表現されていた。

 衣装に袖を通し、メンバーはそれぞれのイニシャルを探し「どこがY?」「おー! 本当だ、Fだ」と声を弾ませる。コンサート衣装を担当する玉森裕太はスタッフに改善点を伝え、1着ずつさらなる修正を重ねていく。玉森は「まだまだ新しい発見があるし。メンバーみんなにかっこよく、モチベーションが上がる衣装を着てほしいなって思う」とその心境を語る。

 初日を翌日に控えた1月中旬。ツアー最初の地となる静岡で、7人は本番のステージで最後の通しリハーサルを行う。今回のライブのテーマは“10年の感謝”。演出を担う二階堂高嗣は「3年ぶりにお客さんの前に立つので、ワクワクしています」と高揚感を隠しきれない様子。

 リハーサルが進む中、ステージから離れた二階堂は1人で客席へ向かう。観客と同じ目線に立ち、ステージ全体を見ることで、細かなメンバーの動きや、それに合わせた照明のタイミングを入念にチェックしていく。巨大なシャンデリアをつり下げる位置を、わずか20cm修正するなど、その確認は細部に渡った。「“ファンが見たいもの、ファンが喜ぶもの”を第一に考える」と話していた二階堂は、最高のステージをつくり上げるため、その確認作業は深夜まで続いた。

 デビューからの10年について、藤ヶ谷太輔は「とにかくファンの皆さんと周りの方に恵まれて挑戦できる場がある。かつ、ここからが新たなスタート」と前を向き、「キスマイに出会ってくれた人が、一瞬でも幸せになれればいい。キスマイを応援していてよかったなって思ってもらえるような時間を増やすってことだけ」とファンへ思いを明かす。

 昨年はデビュー10周年を記念する年でありながら、コロナ禍で思うような活動ができずにいた7人は、ファンと会えない間に募った気持ちを込め、ステージへと向かう。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.