News ニュース

前田亜季、水石亜飛夢が滝藤賢一主演「家電侍」に出演。MEGUMIはタブレット内蔵の家電アドバイザーの声を担当2022/03/17

 前田亜季、水石亜飛夢、MEGUMIが、BS松竹東急で4月2日からスタートする連続ドラマ「家電侍」(土曜午後11:00)に出演することが分かった。さらに、主題歌がビッケブランカの書き下ろし楽曲「Treasure」に決定した。

 滝藤賢一が主演を務める本作は、江戸時代の長屋に暮らす貧乏浪人・兼梨四十郎(滝藤)のもとに、ひょんなことから現代の最新家電が届くようになったことからさまざまな事件が巻き起こるコメディー。四十郎を陰になり日向になり支える献身的な妻・静江を前田が、長屋の怪しげな隣人・平賀を水石が演じるほか、江戸時代に出現したタブレット端末に内蔵された家電アドバイザー・カージーの声をMEGUMIが担当する。

 前田は「初めてお話を聞いた時、新たに開局するチャンネルでとっても攻めているなぁと思いました。新しいアプローチのドラマをお届けできること、私もワクワクしています」と喜び、「1月の日光江戸村は予想を超える寒さで、コメディーを撮っているのに現場の環境はとてもハード!というギャップに、たまにぼう然となりながら…(笑)、でもだからこそ、スタッフキャストがギュッと連帯し、日々面白がりながら作ることができたたと思います」と手ごたえを明かす。そして、「奇想天外なストーリーですが、そこから、あたたかな家族愛が見えてきそうです。そして今の生活は本当に家電に助けられてるなぁと。江戸時代の家事はとても大変でした… ふっと笑えるような、そんな30分間になりますように!」と期待。

 「ひらが、、なにやら聴き覚えがあるような、ないような…」と何やらにおわせる水石は、「念願の時代劇。主演である滝藤さんとはかねてご一緒したいと思っておりましたため。携わる方は心根の優しい方ばかりだったのが印象的でした」と感激しつつ、「コメディーチックな部分もあるのですが、それ以上に温かな深みがあるのがこの作品の魅力です。今や当たり前な”家電”の有難み、それを通じて忘れがちな心を思い出させてくれる作品となっております」とアピール。

 MEGUMIも「江戸時代にタブレットがあったら…想像したただけで面白いことが起こりそうとワクワクしました」と話し、「今回はタブレットに内蔵されている声で参加させていただきます。 滝藤さん演じる四十郎との絶妙な掛け合いをぜひお楽しみください」と見どころをアピールしている。

 主題歌「Treasure」を歌うシンガー・ソングライターのビッケブランカは「たった一言の明快なアイデアをもらったことで、最後まで一気に書き切れた、とても不思議な生まれ方をした歌です。ドラマ、とても楽しみです。いろいろな面白い設定がある中ですが、僕は愛のドラマだと感じました。だから主題歌もテーマは愛です。関わらせてもらえて光栄でした!」と制作過程に触れながら、メッセージを寄せた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.