News ニュース

松本まりかと鈴木保奈美が「名探偵ステイホームズ」で北村匠海と共演2022/03/07

 松本まりかと鈴木保奈美が、日本テレビ系で4月3日と10日に2週連続放送される、日英共同企画スペシャルドラマ「名探偵ステイホームズ」(午後10:30。放送終了後、Huluで配信)に出演することが分かった。

 北村匠海が主演を務める本作は、実家の子ども部屋から出ない“子ども部屋おじさん”の相田アタル(北村)が、人並み外れた検索能力を駆使してネット探偵となり、部屋から一歩も出ずに事件を解決するサスペンスコメディー。

推しのアイドルの不倫に気付き、ネット上で推理を繰り広げ、名探偵のごとく不倫を暴いてしまうアタル。それにより、名誉毀損罪で告訴されたアタルが、告訴を帳消しにしてもらう代わりに、警察の捜査に協力することになる。

 気鋭の脚本家・森ハヤシ氏とバラエティー番組出身の演出家・水野格氏のタッグにより生まれた、2020年6月に同局で放送・配信のスペシャルドラマ「ダブルブッキング」が、国内外で高く評価されたことをきっかけに、イギリスの制作会社・Envision Entertainment社と日本テレビの同じチームで、ドラマ企画の共同制作プロジェクトがスタート。脚本案の構想など、イギリスとのやりとりはすべてリモート会議やメールという方法で、コロナ禍でもプロジェクトを進め、本作の制作・放送へとつながった。本作も「ダブルブッキング」と同じく、脚本を森氏、演出を水野氏が担当し、今後、海外を舞台に各国の“在宅探偵”を主人公にした続編も計画されている。

 松本が演じるのは、アタルの担当となり時々アタルの家にやって来る、警視庁公安課の刑事・坂本才花。アタルとは真逆で活発な性格で、刑事は足を使ってなんぼという古い考え方の持ち主だ。今どきの若者にしてはパソコン作業にも疎く、仕事はできるが人当たりが強く、たびたび毒舌を吐く。

 そして、鈴木はアタルの母・相田恵美役を務める。一人息子のアタルを溺愛しており、アタルが偏屈に育ってしまったのも自分のせいだと責任を感じている。天然な一面もあり、時折訳の分からに言動でアタルを困らせる。刑事の沼田に一目ぼれしてしまう役どころだ。

 松本は「私はイギリスに留学をしていた経験もあり、今回イギリスの方からのオファーは、すごくうれしかったです。イギリス人プロデューサーの方が、日本のドラマを同じように面白いと思っていただける感性に興奮しました。主人公・アタルくんの魅力的なキャラクターに絶対感動しますので、ぜひご覧ください!」と、日英共同制作の本作への出演を喜んでいる。

 鈴木は「日英共同企画と聞いて、どんなに世界を股にかけたすごいストーリーになるのかと思っていたら、台本を読んでも読んでも家から出ない!(笑)。でも、それって今っぽくもあるし、その小さな世界観が、実は今世界共通のものなのかなと思い、とても面白いと思います。主人公・アタルくんたちのTwitter文のセンスのよさが、とても面白い見どころです」とアピールしている。

 なお、北村、鈴木、松本の3ショットスペシャルインタビューが、日テレ公式YouTube(https://youtu.be/6bXmrBRNAK4)で公開されている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.