News ニュース

「鹿楓堂よついろ日和」藤井流星のキャラビジュアル解禁。「#鹿楓堂しか勝たん」キャンペーンもスタート!2022/01/18

 ジャニーズWESTの小瀧望が主演を務める、テレビ朝日系連続ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」(土曜午後11:30)で、藤井演じる東極八京のキャラクタービジュアルを解禁された。

 ドラマは、和風喫茶「鹿楓堂」を舞台に、店主でお茶担当のスイ(東極京水/小瀧望)、料理担当・ときたか(永江ときたか/葉山奨之)、スイーツ担当・椿(中尾椿/大西流星)、コーヒー担当・ぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティノ/佐伯大地)ら心優しき4人の青年たちが、人生にちょっぴり傷ついたお客さまの心とおなかを満たしていく、癒やし系飯テロドラマだ。

 第1話のエンドロールのラストシーンで、スイの双子の兄である「ホテルイーストサイドグランデ」の社長・八京がサプライズ登場し、視聴者を驚かせた。ジャニーズWESTの“ツインタワー”といわれる小瀧と藤井の共演に、SNSは狂喜乱舞の嵐に。そんな中、このたび満を持して藤井演じる八京のキャラクタービジュアルが公開された。クールな表情を見せる八京に注目だ。

 さらに、番組公式Twitter(https://twitter.com/oshidoraEX)では、「#鹿楓堂しか勝たん」キャンペーンがスタートした。スイ、ときたか、椿、ぐれ、ホテルの鬼才パティシエ・角崎英介(白洲迅)、そして、八京という六人六様のキャラクターの中から、推しへの思いを「#鹿楓堂しか勝たん」というハッシュタグを付けてツイートすると、抽選で20人に番組グッズがプレゼントされる。キャンペーン実施期間は、1月22日の第2話放送終了までとなっている。詳しくは番組公式サイト(https://www.tv-asahi.co.jp/rokuhodo/)をチェック。

 1月22日放送・第2話では、ボロボロに疲れきった新人サラリーマン・柴野亮平(ゆうたろう)が「鹿楓堂」を訪れる。天丼を欲する柴野だったが、店のメニューには天丼がない。うちひしがれるその姿を見た料理担当のときたかは、たすきをかけ、いつにない真剣な形相で、サクふわジューシーな特製「とり天丼」を作り始めた。時を同じくして、妻を亡くし無気力な日々を過ごす桜田文彦(津田寛治)も、ため息をつきながらメニューを開いていた。そこに漂ってくる食欲をそそるおいしそうな香り。それはまかないで用意されていた冬野菜カレーだった。一方、八京のもとには、謎めいたホテルのパティシエ・角崎が現れる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.