News ニュース

小瀧望主演「鹿楓堂よついろ日和」に葉山奨之、大西流星、佐伯大地、白洲迅が出演2021/11/30

 2022年1月にテレビ朝日系でスタートする、ジャニーズWEST・小瀧望主演の連続ドラマ「鹿楓堂(ろくほうどう)よついろ日和」(土曜午後11:30、開始日未定)で、舞台となる和風喫茶「鹿楓堂」で働く4人のスペシャリストが発表された。

 ドラマは、アニメにもなっている清水ユウ氏の同名漫画を初めて実写化。都会の片隅にたたずむ古民家風の和風喫茶「鹿楓堂(ろくほうどう)」を舞台に、そこで働く4人の青年が、おいしい料理とスイーツ、心地よい距離感とさりげないおもてなしで、極上の癒やしタイムを提供。悩みや寂しさを抱えてやって来る人々との交流を通して、彼ら自身も課題と向き合い、成長していく姿を描く。

 「鹿楓堂」の店主・スイこと東極京水(小瀧)の友人で、料理担当・ときたかこと永江ときたかを演じるのは、葉山奨之。これまで、かわいい系男子の役柄が多かった葉山が、すべてに達観し、時代劇や陶芸という渋い趣味をもつ役どころに挑む。

 葉山は「最初にお話をいただいた時は、まず『今まであまり見たことのないジャンルのドラマだな』と思いました。キャストがどんな人になるのか…とドキドキしていたんですが、いざみんなと顔を合わせてみたら、いいチームになりそうな予感がすごくしたんです! 今から撮影に入るのが楽しみで仕方ないですね」と笑顔を見せた。また、自身も普段から素材や調味料にこだわり、出汁(だし)からとるほどの料理男子だということで、「僕が演じるときたかは料理担当なんですが、僕も結構料理をするんですよ。そこだけは自信がありますので、料理をするシーンは皆さんにも安心して見ていただけるんじゃないかと思っています」と自信をうかがわせる。

 照れ屋でツンデレ、負けず嫌いな毒舌最年少メンバーで、スイーツ担当の椿こと中尾椿を演じるのは、先日CDデビューを果たしたばかりのアイドルグループ・なにわ男子の大西流星。

 小瀧を「のんちゃん」と呼ぶほど大の仲良しだという大西は「この作品は世界観がとてもすてきなんですよね。心も温まって、おなかも満たされるドラマになればいいなと思っています。そして、主演ののんちゃんとは、普段からめちゃくちゃお話しているので、お兄ちゃんと一緒にお芝居できるというのが、何よりうれしいです」と喜ぶ。また、「僕が演じる椿くんは、みんなを俯瞰(ふかん)で見ていたり、ちょっと毒舌なんですけど、僕も『よく毒を吐く』って言われるんですよ。だから、なにわ男子のメンバーがこのドラマを見たら、そこが僕と重なるかもしれません。僕もめちゃくちゃスイーツが好きだし、椿くんも女性だらけのカフェにスッと入って行ける子なので、そこは共通する部分ですね」と、自身の役と共通する面を明かしている。

 奇怪なラテアートで周りを惑わすムードメーカー的存在で、コーヒー担当のぐれことグレゴーリオ・ヴァレンティノ役を務めるのは佐伯大地。

 「今まで演じた役の中で間違いなく一番長い名前です(笑)」と言う佐伯は、「日課のランニング、トレーニング、何事もポジティブに捉えるところ、明るくてまっすぐ、あとコーヒーも好きと、そのあたりがぐれと似ていると思います。あらためて挙げてみると、ほぼぐれですね(笑)。自分と似ている部分の多いぐれ…今から演じるのが楽しみです」とコメント。

 また、184cmの長身で実生活もストイックだという佐伯は「僕は普段、玄米やオートミールを食べているんです。せっかくの“癒やし系飯テロドラマ”なので、撮影中は『白米を食べるぞ!』と思っています。玄米やオートミールからの白米の威力…きっとものすごく感動すると思います(笑)」と、撮影での楽しみを明かしてくれた。

 「鹿楓堂」の4人が勢ぞろいし、すでにドラマポスターの撮影も行われた。小瀧は「やっぱりテンションが上がりますね! まるで男子校のようなノリで、僕も普段より人見知りが出なかったので(笑)、撮影が始まるのがすごく楽しみです。原作を読んで『タコパ(タコ焼きパーティー)の場面が印象に残っている』という話をしたら、なんとドラマにもタコパのシーンを入れてくださったんですよ。このメンバーでタコ焼きをつつくのも本当に楽しみですね」と、これから始まる撮影への期待を寄せた。

 そして、そんな4人が集う「鹿楓堂」に近づいてくる謎の男・角崎英介役を、白洲迅が演じる。角崎の正体はフランスで修業し、コンテストでの優勝経験もあるパティシエということで、白洲は「きっとお菓子を作るシーンもあるだろうなと、今は少しプレッシャーを感じているところです。普段は全然料理しないんですが、自粛期間にチーズケーキを作ってみたんです。1回だけなんですけど…その経験を生かして頑張ります」と、すでに役作りのイメージを膨らませている様子。

 加えて、「僕と角崎には性格的な共通点はほぼないんですよ。でも、角崎は最初、突然現れて『鹿楓堂』のメンバーをかき乱す謎の男として登場するんですが、僕も『白洲くん、何考えてるか分からない』と言われることがあるので、ある意味“謎の男感”は共通点なのかもしれません(笑)」と役柄と自身との共通点を話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.