News ニュース

山田杏奈&奥平大兼のW主演で「早朝始発の殺風景」がドラマ化2022/01/13

 山田杏奈と奥平大兼が、2022年にWOWOWで放送・配信される「WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景」(日時未定)でダブル主演を務めることが分かった。

 ドラマは、ミステリーにおける論理展開の緻密さから“平成のエラリー・クイーン”との異名を持つ、作家・青崎有吾による同名小説を原作にした密室型青春ミステリー。早朝の始発電車で、放課後のファミレスで、観覧車の中で…日常の風景が⼀瞬にして変化し、展開される高校生たちの五つの密室会話劇を実写化する。岡田惠和氏が脚本監修を担い、脚本を濱⽥真和氏が担当。さらに、監督は「⼤⾖⽥とわ⼦と三⼈の元夫」(フジテレビ系)を手掛けた瀧悠輔氏が務める。

 お互い話したこともないクラスメートの殺⾵景(⼭⽥)と加藤⽊(奥平)が、なぜか早朝始発の列⾞で遭遇する。早朝始発にわざわざ乗る理由は? それぞれの思惑は⼀体どこにあるのか? 男⼥の⾼校⽣がガラガラの⾞内で、⼩さな謎の探り合いの会話を交わす――。

 殺⾵景役の⼭⽥は「一つの空間の中での会話劇という題材に、ワクワクしました。台本を初めて読んだ時、一つのシーンとセリフの⻑さにまず驚いて、これまでで⼀番セリフを覚えるのに苦労しました。殺⾵景のクールさと、ある⽬的のための意志の強さを⼤切に演じさせていただきました」とコメントし、「各話魅⼒的なキャラクター、会話の中で一つの真相が⾒えてくる⾯⽩さをぜひ楽しみにしていただければ幸いです!」と呼び掛ける。

 そして、加藤⽊役の奥平は連ドラ初主演。「とてもうれしかったのと同時に、今までよりも強く責任感を感じました」と明かしつつ、「台本を読みながら『このシーンはどうなるんだろう』などと1⼈で考えて楽しんでいました。そして僕が演じる加藤⽊は⾄って普通っぽい⼦ですが、⼭⽥杏奈さん演じる殺⾵景は特殊な役柄なので、実際にお芝居をするまで空気感やテンションなども予想がつかなったのでいろいろな不安はありました。でも現場に⼊って時間が経つにつれ、特殊な殺⾵景を相⼿にするのが楽しくなっていきました」と振り返る。続けて「今回、全体的に⻑くて独特なセリフ回しがとても印象に残っています。そこにキャラクターの個性が加わっていて、いろいろな場⾯で⾒応えがある作品だと思います。ぜひ楽しんで⾒てもらえたらと思います!」と手応えをにじませている。

 なお、原作の「早朝始発の殺⾵景」(集英社)は、1月20⽇に⽂庫版が発売される。原作の⻘崎氏は「『早朝始発の殺⾵景』は、「気まずさ」をテーマにした⻘春ミステリーという、ちょっと変わったお話です。この気まずさが難物でして、空気感や間合いなど、⽂章ではなかなか表現しづらい。役者さんが演じたらどうなるのだろう、とこっそり気になっていました。今回答えを知れるので、ワクワクしています。というか主演が⼭⽥さん&奥平さんなので、ワクワクを通り越してびびっています。セリフ量が多くてごめんなさい。原作のエピソードはすべて密室劇で、それが最後に開かれます。現実でも家にこもりきりの状況が続いていますが、ドラマが放送される頃には、登場⼈物たちと同じように晴れやかな気持ちで外に出
たい。そんなことも祈っています」と、ドラマ化に感激するとともに、メッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.