News ニュース

「准教授・高槻彰良の推察」山田杏奈&金澤美穂、伊野尾慧&神宮寺勇太との共演で印象に残ったこととは?2021/08/14

 山田杏奈と金澤美穂が、フジテレビ系で本日8月14日放送の「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」(土曜午後11:40)の第2話に出演する。

 ドラマは、完全記憶力という“異能”を持つ民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾慧)と、人のうそが分かるようになってしまったがゆえに、“孤独”を抱える大学生・深町尚哉(神宮寺勇太)が、さまざまな怪異事件の謎解きを通じて、人とつながることの大切さを描いたヒューマンミステリー。第2話では、高槻や尚哉が通う青和大学で「わら人形の呪い」を巡る騒動が起こる。呪われたのは陸上部の期待の新入生・山崎綾音(山田)。高槻は綾音の姉・琴子(金澤)から相談を受け、尚哉を助手に指名し、真相解明に乗りだす。

 山田は「実際の私は弟がいるんですけど、男兄弟との関係と比べると女性同士の姉妹関係は濃いのかなと感じました。同じように男性のご兄弟(兄)がいる金澤さんとも『男兄弟の場合はカラッとしているよね』と話していて」と明かしつつ、金澤との共演には「金澤さんに対して、あまり“はじめまして感”がしないというか、もともと2人の持っている気質が似ているのかもしれないですね!」とうれしそうに語った。

 当の金澤も「今回の設定上、ちょっとバチバチするシーンもあったんですけど(笑)、役じゃない時の杏奈ちゃんとはすごく近しい感じがするので、今回共演できてうれしかったし、すごく心地いいです」と相性バッチリだ。

 さらに、山田が「前回、ある映画の現場で1日だけ金澤さんとご一緒したのですが、あまり話せなかったので、今回あらためてごあいさつしようとしたら、真っ先に『杏奈ちゃんが参加していた写真展を見に行ったよ!』と言ってくださって。その写真展に、金澤さんのお友達が出ていたので見に行かれたそうなのですが、私のことまで覚えていてくださって、すごくうれしかったです。金澤さんは現場でフランクに話しかけてくださり、先輩なんですけどすごく話しやすくて、すてきな方だなって思いました」と振り返った。

 それに対して、金澤は「私の印象は、杏奈ちゃんはどんな現場でも自分で自分のペースをつかめるタイプ。というのも、寝ているところをよく目撃するんです(笑)。前回、映画の現場で初めて会った時に『おはようございます』ってあいさつして、すぐすや~って寝ていたよね(笑)。今回も待ち時間にふと見ると寝てる(笑)。(山田が参加した)写真展を見させていただいた時に、ネコと共演している写真があってそれがすごく好きだったんですけど、杏奈ちゃんはそのネコちゃんぽいなって。ふと見ると寝てるけど、すぐパッと起きて芝居ができちゃう!」と楽しげにエピソードを披露した。

 加えて、伊野尾との共演に、山田は「伊野尾さんが黒板に(セリフとは違う)文字を書きながらお芝居をしていらして、それが『難しい』と言いながらスタンバイの間、ずっと練習をされていたんです。そういう地道な努力や芝居に真摯(しんし)に向き合っていらっしゃる姿を間近で見ることができて、今回ご一緒させてもらって本当によかったなと思いました」と感銘を受けた様子。

 金澤は、神宮寺について「現場でメークさんがお水を持ってきてくださった時に、神宮寺さんが『いただきます!』と元気におっしゃって。それから、サーッと飲んだ後に“おすしをおごってもらった”ぐらいの勢いで『ごちそうさまでした!』って(笑)、“狙っている”とかでは全然なくて、本当に素直におっしゃってたんです。お水に対してあそこまで丁寧に『ごちそうさまでした!』と言った人を初めて見たので、驚き過ぎて思わず笑ってしまったのですが、神宮寺さんは『どこがツボなんですか?』と不思議そうな顔をされていて …たぶん神宮寺さんにとっては日常的なことなんでしょうね。本当に素直で丁寧な方なんだなと思いましたし、楽しい撮影現場の思い出として印象に残りました」と人柄を称賛した。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.