News ニュース

玉城ティナ主演「鉄オタ道子、2万キロ」に栗原類、六角精児が出演。 ポスタービジュアル&予告映像が公開2021/12/26

 玉城ティナが主演を務め、テレビ東京ほかで2022年1月7日からスタートするドラマ25「鉄オタ道子、2万キロ」(金曜深夜0:52)に、栗原類、六角精児の出演が決定。さらに、雪景色の中で撮影されたポスタービジュアルも公開された。

 本作は、都会から離れた日本全国に散在するポツンとたたずむローカル駅を舞台にした旅情ドラマ。主人公・大兼久道子(玉城)は、有名家具メーカーの企画営業として働く28歳で、列車に乗り、日本全国のローカル駅を目指し一人旅に出るのが好きな、歴10年の鉄道オタク=“鉄オタ”だ。しかし、そのことを周囲に隠して生活している。「行きたい場所へ行けない」「思うように行動ができない」…そんなもどかしい思いを抱える視聴者に代わり、道子が日本全国のローカル駅を巡る。

 山奥、トンネルに挟まれた断崖絶壁、利用者がいるとは思えない場所になぜか存在する“ローカル駅”。各地で出会う人々、景色や絶品グルメを堪能しながら、道子は本当の自分を探す。本編では、実在する駅や店が続々登場。さらに、毎話登場するその駅ならではの駅弁にも注目だ。

 栗原が演じるのは、道子が行くローカル駅でたびたび出会う“撮り鉄”の甲斐。仕事を辞め、アルバイトをしながら日本全国の鉄道写真を撮影している。

 本作への出演について、栗原は「『旅ジャンル』のドラマに関わるのは今回が初めてなので、自分が見る一つ一つの景色を記憶の中に収めたい、いろんな人たちに共有したいと、旅の大切さをあらためて認識しました。玉城さんとは今回が初共演ですが、撮影初日にほのぼので平穏な空気感を作り出せた気がしたので、それもいい感じに出来上がった時に出せていたらいいなと思います。視聴者の皆さまも道子と一緒に旅をしているような感覚になれる作品です。楽しみにしていてください」と見どころを紹介。

 そして、六角が、雑誌「旅と鉄道」編集長・黒羽則夫役を務める。

 六角は「鉄道ローカル駅のドラマ、そう聞いた時すぐに『自分が出演しないで誰が出る?』と思いました。常日頃から大好きなローカル線にまつわるドラマに役者として関われる。こんなにうれしいことはありません。見ている方に『鉄道っていいなぁ!』と感じていただけるようなドラマになることを願っています」と出演を喜び、期待を込めた。

 第1話では、道子が北海道にある“日本で唯一宿泊できる駅”比羅夫駅を訪れる。年季の入った看板や駅舎の雰囲気、民宿からの眺めに感激。そんな中、道子が民宿のロビーに向かうと、駅に到着してからたびたび姿を見かけていた青年・甲斐の姿があった――。

 なお、情緒あふれるローカル駅のたたずまいや美しい景色をふんだんに盛り込んだ番組予告映像(https://youtu.be/mMFUGcn4-pM)が公開中だ。

 なお、本編放送終了後からは、ABEMA「私が獣になった夜」で本格的に女優デビューした久保乃々花が、雑誌「旅と鉄道」編集部で働く“鉄オタ女子”のぞみを演じるスピンオフドラマ「鉄オタのぞみ、50キロ」の配信が決定。ネットもテレ東、テレビ東京公式ドラマチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCbJ2OBO3eOQnpxEn4kQruRA)および、ひかりTV、Paraviで視聴できる。本編と合わせて楽しみたい。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.