News ニュース

「バイプレイヤーズ」新作ドラマ&映画で帰ってくる! 総勢100人超の個性派俳優が本人役で大暴れ2020/11/27

 テレビ東京系では、2021年1月クールの「ドラマ24」枠で「バイプレイヤーズ」シリーズの新作「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」(土曜深夜0:12、開始日未定)を放送。さらに、21年春には映画「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜」が公開されることが発表された。

 本作は、17年「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」、18年「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」が放送され、話題を呼んだシリーズの最新作。日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演し、業界内視聴率30%ともいわれた作品が、このたび、ものすごい数の豪華な仲間を増やし、完全新作シリーズとして帰ってくる。

 そして、映画には、“元祖バイプレイヤーズ”の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一をはじめ、ドラマと映画で合わせて超主演級キャストから超くせ者の役者まで、老若男女合わせて総勢100人以上が出演。“バイプレ祭り”と題して、同局史上、最も壮大なスケールで展開される。

 今回の舞台は都会からはなれた森に囲まれた大きな撮影所「バイプレウッド」。このへんぴな撮影所に、各局の連続ドラマや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる、大騒動の100日間が描かれる。スタジオ同士の視聴率バトルや若手・中堅・大御所間のぶつかり合い、そしてほろっとさせる友情と絆の物語など、盛りだくさんの内容で、本人役だからこその自虐やパロディーもパワーアップ。超個性的な役者たちが集う前代未聞のドラマになっている。

 連ドラの第5話までに出演する41人のバイプレイヤーは、元祖バイプレイヤーズのメンバーほか、阿部亮平、安藤玉恵、石丸謙二郎、宇野祥平、柄本時生、大倉孝二、小沢仁志、尾美としのり、勝村政信、加藤諒、金子大地、北香那、近藤芳正、佐々木希、宍戸美和公、志田未来、杉野遥亮、醍醐虎汰朗、高杉真宙、滝藤賢一、田中要次、津田寛治、寺島しのぶ、長谷川京子、濱田岳、林泰文、原田龍二、ふせえり、堀内敬子、観月ありさ、向井理、村田雄浩、本宮泰風、森下能幸、りょう、六角精児、渡辺いっけいと、第一線で活躍する役者たちや、いぶし銀のベテラン俳優、そして上り調子の若手キャストなどさまざま。

 本作について、田口は「2018年『バイプレイヤーズ』第2弾から3年。さまざまな出来事を乗り越えて、オジサンたちはなんとか重い腰を上げて再集結しました。今回はゴージャスすぎる顔触れの“バイプレイヤーズ・フェスティバル”! これはもうぜいたくを超えた空前絶後のミラクル・キャスティングです! 逆に、コロナ禍でみんなスケジュールが空いていたから実現できた!? 大変な時期ですが、この奇跡的な顔触れ&内容のネクスト『バイプレイヤーズ』で、新たな面白さと癒やしをお届けできればと思います。なにとぞヨロシクお願いいたします」と興奮気味にコメント。

 松重は「6人で始めた『バイプレイヤーズ』も5人に減り、パート2の途中では悲しいお別れから4人になってしまいました。この、僕らの中では完全に終わっていたコンテンツをプロデューサーの浅野(敦也)さんが大切に大切に温め続けていました。しかし折も折、コロナ禍で数々の映画が頓挫していく中で、真っ先に消えてしかるべきこの企画が不思議と生き残ったのです。しかも浅野さんの卵の温めすぎで、100人のバイプレイヤーの雛がかえりました。登場人物が多いので4分の1の責任が100分の1へ。つまり25%から1%へ。たとえ1%でも全力投球、それがバイプレイヤーだという気概で乗り切りました。若い方から年寄りまでいろんな俳優さんが次々に出てきます」と感慨とともにアピールした。

 光石は「『バイプレイヤーズ』は、(大杉)漣さん抜きでは考えられません。漣さん抜きでは成立しないと思ってました。でも漣さんなら『俺出ないけど、やってよ研ちゃん』っておっしゃるんじゃないかと思いました。漣さん、『バイプレイヤーズ』を愛していたから。今回、同じ意志を持った、あんな人もこんな人も集いました!」と、前作の放送期間中に急逝した大杉さんへの思いと、新作へ期待を口にしている。

 遠藤も「初めは大杉漣さんのいない『バイプレ』はどうなっちゃうのかなと思いましたが、ものすごい人数の俳優さんたちがワイワイガヤガヤ楽しんで参加してくれて、漣さんも笑って見ていてくれているんじゃないかなという気がしています。自分の役はフィリピンに憧れて、向こうでデビューしようと奮闘します。大勢の俳優のエネルギーが詰まったにぎやかな作品になっていると思います。どうかみんなの元気をもらってください」とメッセージを寄せた。

 同局の濱谷晃一プロデューサーは「17年館山のシェアハウスでひっそり始まったバイプレイヤーズが、総勢100人超で第3弾、しかも映画化まで…正直、驚いています。第2弾の最終回目前にリーダーである大杉漣さんが急逝されて、前シリーズを完結できたことが奇跡だと感じていたので、こんなお祭りのような第3弾が実現できて、漣さんも天国で目を細めていらっしゃることと思います」と喜び、プロデューサー・監督の浅野敦也氏も「大杉漣さんはいつも私に“いつか『バイプレイヤーズ』を映画にしたいね”とおっしゃってました。だから漣さんが天国に行かれた後、その言葉を実現すべく動いてまいりました。でも深夜ドラマの映画化はむちゃくちゃ大変で頓挫、挫折、落胆の連続で。でも時に救世主が現れるドラマばりの紆余曲折の展開を経て100人以上の俳優陣が集結するむしろミラクルなプロジェクトとなりました。すべての関係者の皆さまに感謝いたします。ドラマはどれもゆる〜く面白いですし、映画はシーズン1から戦ってきた松居(大悟)くんが撮りますし、自分なりに漣さんとの約束を果たせそうでほっとしてます」と心境を明かした。

 松居監督は「むちゃくちゃなことをやっています。僕らもよく分かっています。各所から怒られるような、酒に酔って夢描くような、灰色の現実をねじ伏せてしまうような。役者に感謝を、スタッフに敬意を、現場に愛を。本当にありがとうございます。『バイプレイヤーズ』の最新作です。どうか無事に届きますように。さあ、お祭りを始めましょう。張り切ってどうぞ!」と感謝を込めて語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.