Feature 特集

温厚な光石研が割り勘代に半ギレ!? 「バイプレイヤーズ」仲良し俳優陣の新たな一面とは?2017/01/21

 名脇役のダンディーなおじさまたちがわちゃわちゃと共同生活を行っているドラマ「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」(テレビ東京ほか)。6人でなんとか協力して暮らしている姿は見ていてとてもほほ笑ましいですね。撮影もとても楽しそうに進んでいるのが想像できますが、ずっと6人でいると、メンバーの新たな一面が垣間見える瞬間がありそうですよね! 実際に皆さんにお伺いしてみました。

田口トモロヲ 「6人そろうと、みんな同時にしゃべるっていうのが新しい発見ですね。おっさん特有の(笑)。ほかにも、質問しているにもかかわらず、答えを聞いていないというのもありますね。ほぼ全員です! びっくりしました」

大杉漣 「今、千葉の館山を軸にして撮影しているんですね。宿泊場所も近いので、ほとんどおじさんの部活っていってもいいくらいな生活をしています。でも、撮影が終わっても、誰一人ホテルに帰らず、必ず居酒屋さんや焼肉屋さんに行くんですよ。そこでまた6人の新しい姿を見られたりします。まあ、そこでは、トモロヲくんが言ったみたいに誰一人として人の話を聞いていないという(笑)。皆さん引き出しがいっぱいありますからね。いろんな話をして、ぜいたくな、面白い時間になっています」

松重豊 「みんなで飲みにいって、支払いは割り勘なんですけど、みんな、金額に細かいんです。何千円いくと本当にみんな怒りだすっていう(笑)。一人3000円あたりで落ち着いています」

大杉 「最初、通りがかりのお店に入った時に、高額なお金をみんなで割り勘で払ったんですけど、一番温厚な光石研さんが、一言『高い…』って半ギレしていましたね(笑)。いつもは本当に温厚な光石さんなんですけど。そうでしたね? 松重さん?」

松重 「翌日も、翌々日も、昨日も『あれ高かったよねえ』って言ってましたね!」

田口 「脚本に書かれていた若者言葉を早速使って、『トラストできねえ!』ってキレてました(笑)」

 皆さん、想像以上の仲の良さが伝わってきましたよね! 温厚な光石さんは、話を聞いて顔を真っ赤にして苦笑いされていました(笑)。それにしても、光石さんが「トラストできねえ!」とキレるところ、見てみたいですね!!

 1月27日放送の第3回では、うわさの光石さんがクローズアップされますよ! 光石さんはドラマの共演者である山口紗弥加さんに誘われて、自宅で手料理をふるまわれ楽しく過ごしますが、そこにはなんと不倫大キャンペーン中の某週刊誌の影が! 一方、シェアハウスでは大杉さんが松重さんに深刻な面持ちで「10年前に6人で撮影していた映画のフィルムが盗まれた。犯人はバイプレイヤーズの6人の中にいる」と相談!? 光石さんはもちろん、謎がちらつく共同生活からも目が離せません!

【番組情報】

ドラマ24「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」 
テレビ東京ほか 
金曜 深夜0:12~0:52 
※地域によって放送日時が異なります。

テレビ東京担当 Y・O

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.