Feature 特集

大杉漣ら出演陣が笑顔でコメント♪ 芸能人みんなが出演したい「バイプレイヤーズ」がついにクランクアップ! 2017/03/25

 名脇役のおじさまたちのわちゃわちゃとした共同生活を描く「バイプレイヤーズ」(テレビ東京ほか)が、とうとう3月31日放送で最終回を迎えてしまいます。うわさによると業界視聴率も30%超えとかなり話題になっていたので、終わってしまうのはとても寂しいですね。でも、そこはさすが「バイプレイヤーズ」。最終回まで急展開になっており、目が離せませんよ!

 商業映画「バイプレイヤーズ」をなんとか完成させた6人。その作品が、なんと日本アカデミー賞・最優秀作品賞に輝きます。しかし、その授賞式会場で大杉漣さんが突然現れた鬼屋敷監督(岩松了)に包丁で刺されてしまうのです! 大杉さん、大丈夫なのでしょうか!? そもそも、「バイプレイヤーズ」が日本アカデミー賞を受賞? 先の展開が気になった記者は、いてもたってもいられず撮影現場にお邪魔してみました。

 現場は、ちょうど授賞式のシーン。きらびやかなセットの中、遠藤憲一さん、大杉さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんに加え、映画の主演である岡田将生さんの全員がらせん階段を下りながら登場し、観客に手を振るシーンは、本家顔負けの演出でした。休憩時間には、最終回のゲストである岡田さんを含めて皆さん和気あいあいと、笑顔で談笑されている姿がとてもほほ笑ましかったです。

 続いては、らせん階段を下りた後、大杉さんが刺されてしまう緊迫したシーン。実は、この日7人を取り囲む観客役をやっていたのは、ドラマのファンである200人ほどのエキストラの皆さんたち。そのため、間近で見ていたエキストラの人たちは悲鳴を上げるなど、自然なリアクションで盛り上げていました!

 さらに、実はこのシーンでドラマ「バイプレイヤーズ」はクランクアップでした! シーンを撮り終わると、スタッフの「クランクアップですー!」の声とともに、盛大な拍手が沸き上がりました。ジャスミン役の北香那さんも駆け付け、スタッフから出演者の方たちへそれぞれ花束が贈呈。ここで、その時の皆さんのコメントもお届けします!

岡田 「(立ち位置の関係で)真ん中に居てすみません。僕も毎週楽しく見させていただいて、最後のこんなすてきなクランクアップの日に一緒にいれて本当に幸せです。ありがとうございました!」

 続いて、岩松さんがあいさつをしようとすると、寺島さんが「鬼屋敷!」、遠藤さんからは「鬼屋敷役!」との掛け声も。

岩松 「みんな出たがるこの番組。最後まで~」

寺島  「(食い気味で)巻いてください!!」(一同爆笑)

岩松  「出られて光栄です!!(笑)」

遠藤  「毎週楽しく見させていただきました!(一同爆笑)。今日は皆さんご協力いただいてありがとうございました! また!」

大杉  「スタッフ、キャスト、大変なスケジュールで一丸となって頑張ったおかげで無事撮影を終えられました。今日は皆さんにもこうやってご参加いただいて本当に感謝しています。ありがとうございました!」

田口  「みんなが出たいこの番組(一同爆笑)。出演できて本当に幸せでした。エキストラの皆さんも遅くまでありがとうございました! ありがとうございました!!」

寺島  「毎週楽しみに見ているこの番組(一同爆笑)。皆さん今日は遅くまでありがとうございました!」

松重  「6人でずーっといて、みんな太りました(笑)。本当に楽しかったです。皆さん最後までどうもありがとうございました!」

光石  「本当に濃厚な1カ月ちょっとでした。本当にありがとうございました! 今日来ていただいたエキストラの皆さん、どうもありがとうございました!」

 出演者の皆さん、最後までキラッキラの笑顔であいさつしてくれました。そして、スタッフの「ドラマ『バイプレイヤーズ』、オールアップになります! お疲れさまでしたー!」の声で大歓声が上がりました。記念写真を撮る時にも、寺島さんからカメラマンに対して「いいから早く撮って!!」と最後まで寺島節がさく裂していました(笑)。

 最後まですてきな雰囲気で撮影された「バイプレイヤーズ」。日本アカデミー賞のきらびやかなセットは最終回ならではなので、その様子もお楽しみください! また、展開も気になるところですよね。最優秀作品賞を受賞した映画「バイプレイヤーズ」はもちろん、刺された大杉さんはどうなってしまうのでしょうか。事件から10年後の6人の将来とは!? バイプレイヤーたちの3カ月間の共同生活の終わり、ぜひお見逃しなく!

【番組情報】

ドラマ24「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」(最終回) 
テレビ東京ほか 
金曜 深夜0:12~0:52 
※地域によって放送日時が異なります。

テレビ東京担当 Y・O

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.