Feature 特集

光石研と役所広司が九州弁で仲良く掛け合う! 名脇役らが共同生活!?…「バイプレイヤーズ」撮影現場に潜入!2017/01/10

 前クールでは「勇者ヨシヒコと導かれし七人」で世間をにぎわせていたテレビ東京のドラマ24枠。1月クールも負けていませんよ! なんと、名脇役のおじさまたちが“テラスハウス”やっちゃいます! その名も「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」。

 中国の大型ドラマのオファーを受けた遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんの6人が、ドラマの監督からの「役作りで絆を深めるために、シェアハウスでクランクインまでの3カ月間の共同生活を送る」という要望を受け、一緒に生活をし始めます。が、6人には、実は10年前のある仕事が原因でわだかまりがあり…。さらに、この大型ドラマにもある秘密が!?

 ということで、ドラマの内容が気になってしかたない記者は、早速撮影現場に潜入!! 光石さんと、大型ドラマの主役を演じる予定の役所広司さんのお二人のシーンです。

 光石さん、するどい目線がカッコよく、とても渋かったです。そうかと思えば、くしゃっと笑顔を見せる瞬間もあり、そのギャップがすてきでした。

 役所さんは、イメージ通り、重厚感のあるオーラを放たれていました。同時に、大らかな雰囲気を醸し出されていて、懐の深さを感じられました。

 そして、なんと言ってもお二人の掛け合いが素晴らしかったです! 本人役ということもあってか、お二人ともアドリブがすごい!! 一つのシーンを何度も撮るたびに毎回アドリブが入り、お互いそれに合わせてアドリブで返していました。息の合った掛け合いに、思わずスタッフが爆笑させられる一幕も。

 さらに、台本では標準語だったのですが、光石さんが福岡県、役所さんが長崎県出身ということで、せりふの掛け合いが九州弁になっていました!(ちなみに、記者も佐賀県出身なので感激しながら聞いていました)

 休憩時間にも、九州弁について話をして笑い合われるなど、とても和やかな様子。過去にも多くの作品で共演されているということもあり、仲が良い雰囲気がこちらにまで伝わってきました。

 1月13日放送の第1話では、6人のにぎやかな朝食の様子からスタートします。慣れないながらも分担をして家事を行う6人の姿はとてもおちゃめで必見です! しかし、共同生活を行うはずの主演俳優である役所さんの姿が見えず、一抹の不安を感じる面々。せめて役所さんの誕生日会をシェアハウスで、サプライズで行うべく、現場で一緒に仕事をした光石さんが役所さんに話をしますが、反応が怪しく…!? 主役不在の共同生活、一体どうなってしまうのでしょうか? 光石さんと役所さんの貴重な九州弁の掛け合いにも注目しながら、ぜひご覧ください!

【番組情報】

ドラマ24「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」 
テレビ東京ほか 

1月13日スタート 
金曜 深夜0:12~0:52 
※地域によって放送日時が異なります。

テレビ東京担当 Y・O

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.