News ニュース

「神木隆之介の撮休」に松重豊、萩原みのり、仲野太賀らが集結2021/11/25

 神木隆之介が主演する、WOWOWで2022年1月7日に放送・配信がスタートの「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」(金曜午後11:00)。このほど、同作の第5~8話に出演するキャストが解禁された。

 ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称・撮休を多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか? そんな知られざる“オフの姿”をクリエーターたちが妄想を膨らませ描き、主演となる俳優が自分自身を演じるオムニバスドラマ「撮休」シリーズの第3弾。

 今回解禁となったのは、先日解禁となった第1~4話に出演する、安達祐実、成海璃子、藤原季節、MEGUMI、矢本悠馬、長澤樹らに続き、後半も豪華キャストが集結した。

 第5話「優しい人」(監督:三宅唱/脚本:狗飼恭子)には、神木の恋人役で木竜麻生が出演。架空の物語ながら、恋人への気遣いによって生まれてしまうすれ違いをリアルに描いた物語となっており、木竜は優しい人(=神木)へ静かに葛藤を抱く恋人を好演する。

 第6話「ファン」(監督:森ガキ侑大/脚本:ふじきみつ彦)には、松重豊、大塚明夫、田中要次のベテラン陣が登場。“ファンとのコミュニケーション”を題材に、神木のファンを名乗る男性役に松重、神木がファンである声優役に大塚、ファンの思いの行き違いによって生まれた “ちょっと気まずい時間”に巻き込まれていくカフェの店員役に田中がそれぞれ扮(ふん)する。

 また、第7話「友人の彼女」(監督:天野千尋/脚本:玉田真也、天野千尋)に出演するのは、萩原みのり、井之脇海、北村有起哉。井之脇は神木の親友役を演じ、親友の恋人役を萩原、神木のスキャンダルを狙う週刊誌の記者役を北村が務める。親友と、まさかの理由で不機嫌なその恋人の間で頭を悩ませることとなる神木のもとに週刊誌の記者が現れる。

 そして、最終回となる第8話「遠くにいる友人」(監督:瀬々敬久/脚本:高田亮)には、かつて共に子役時代を過ごした役者仲間・友人役に仲野太賀、その母親役で坂井真紀が出演。友人の母親との再会を機に、忙しく過ぎ去った神木の過去を尊むとともに、業界を離れてしまった友人への寂寥(きりょう)感をはらんだ物語が展開する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.