News ニュース

「ドクターX」で鷲見玲奈のあざとささく裂! 米倉涼子&今田美桜が爆笑!?2021/10/27

 鷲見玲奈が、テレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00)の11月4日放送・第4話にゲスト出演することが分かった。

 ドラマは、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスとたたき上げのスキルだけを武器に「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの大門未知子(米倉涼子)が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマの第7シーズン。

 同話には、宝塚歌劇団の元宙組トップスター・凰稀かなめがゲスト出演することが既に発表されており、甲状腺がんで東帝大学病院に極秘入院したミュージカル女優・四季唯花(凰稀)のライバル女優・早水楓を鷲見が熱演する。楓は、世界的大舞台で主演を務める予定だった唯花の入院を機に、主役の座を奪おうと闘志を燃やし、目的のためなら何でもする“あざとい女”。そんな楓の動きが巡り巡って、東帝大学病院の采配にも思わぬ影響を及ぼすこととなる。

 鷲見は「牌を争うという意味では、女優の世界は少しアナウンサーにも通じる部分があるのかもしれません(笑)。そう思ったので、自分がかつて抱いた悔しい気持ちなどを思い出したりして、演じました」と、局アナ時代を振り返りつつ、役作りをしたことを報告。

 そして、「凰稀さんとバチバチし合う場面では、リハーサル中、あまりに強い凰稀さんの目に思わずひるんでしまいましたが、本番では気持ちを入れ直して臨みました。現場ではガチガチに緊張していたのですが、リハーサルでは私のあざとい役どころのセリフに、米倉さんや今田(美桜)さんが笑ってくださって、少し緊張が和らいだのを覚えています」と撮影を振り返りつつ、「たくさんのファンがいらっしゃる“愛されるドラマ”に参加させていただくことに、いまだ不安もありますが、どうか温かい目でご覧いただけたら、うれしいです」と呼びかけている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.