News ニュース

元宝塚トップスター・凰稀かなめが「ドクターX」にミュージカル女優役で出演。実は歌は苦手分野!?2021/10/26

 宝塚歌劇団の元宙組トップスター・凰稀かなめが、テレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00)の11月4日放送・第4話にゲスト出演する。

 ドラマは、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスとたたき上げのスキルだけを武器に「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの大門未知子(米倉涼子)が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマの第7シーズン。

 凰稀が演じるのは、東帝大学病院に極秘入院する人気ミュージカル女優・四季唯花。唯花はパンデミックの影響で、出演舞台がすべてキャンセルという憂き目に遭っていたが、ようやく世界的大舞台に立てることになった矢先に、甲状腺がんを患っていることが判明する。稽古復帰に時間がかかることや、首に傷が残ることを恐れる唯花は、未知子による外科手術を拒否。内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が推し進める、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を選択することになる。

 「第1シリーズからすべて見ています」と本シリーズの大ファンであることを明かす凰稀は、今回のゲスト出演に「事務所から『誕生日プレゼント』と言って台本を渡された時は、飛び上がりました!」と喜ぶ。

 また、米倉との初共演ついて「実は、米倉さんとはプライベートで何回かお会いさせていただいているのですが…」と親交があることを明かしつつ、「あらためてストイックさと美意識の高さ、映像チェックをされる時の真剣な空気、なおかつ場の空気を盛り上げる気配りなど、すべてにおいて完璧な方だな!!と思いました」と尊敬のまなざしを向ける。

 さらに、今回演じるミュージカル女優役という役柄に関しては、「実は歌うシーンもあります。舞台で歌うことが多い私ですが、実はすごく苦手分野で…(笑)。いつもは舞台会場にいらっしゃる方の前だけで歌いますが、今回は全国ネットの人気ドラマで、予想のつかない人数の方々に聴かれることが何よりのプレッシャーでした」と意外な心中を告白するも、「収録するまでとても不安でしたが、皆さんのご協力で無事に撮影も終わり、今はホッとしてます」と語った。

 そして、「私が演じるミュージカル女優・四季唯花と、大門未知子がどのように絡むのか――いろんなシーンがあるので、見応えがあります。全国の『ドクターX』ファンの皆さま、ぜひご覧くださいませ!!」と呼びかけている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.