News ニュース

要潤、小籔千豊、杉田かおるが「ドクターX」新たな“御意軍団”を結成!2021/09/14

 テレビ朝日系で10月14日にスタートする連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00)の新キャストが解禁。新たに要潤、小籔千豊、杉田かおる、永野宗典が出演することが分かった。

 ドラマは、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスとたたき上げのスキルだけを武器に「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの大門未知子(米倉涼子)が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマの第7シーズン。

 今回発表されたキャストは、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推し進め、外科を別棟の分院へと追いやるなど、大門の前に最強の敵として立ちはだかる東帝大学病院の内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)の下に集結し、新たな“御衣軍団”を結成する。

 要が演じるのは、脳外科の世界的権威で、海外では「ホワイトジャック」と呼ばれている外科医・興梠広。アメリカ帰りのスーパードクターで、蜂須賀の招へいによって東帝大学病院へとやって来る。要は「歴史ある作品への出演にプレッシャーも感じましたが、それ以上に『出たい!』という気持ちが強かったので、幸せです。うそがないようにスーパードクターを演じるため、手術シーンに向けて練習もしっかりやろうと思います」と意気込む。

 小籔が扮(ふん)するのは内科副部長・鍬形忠。自己陶酔しやすく、物事を客観的に見られない性格で、よかれと思ってやったことが何かと裏目に出てしまう性質の持ち主。出演にあたり、小籔は「僕は失敗しかしないので、『僕でいいんかなぁ?』と大変恐縮した」としつつも、「たぶん嫁はんの両親も大喜びするだろうと思って、出演を引き受けさせていただきました」とコメント。加えて、「結婚した時は貧乏芸人だった僕ですが、今回の解禁を通じて『お義父さん、お義母さん、僕は『ドクターX』に出ていますよ!』と伝えられたらいいな、と思います」と胸を張った。

 そして、蜂須賀の右腕である優秀な広報室長・三国蝶子役を務める杉田は、「米倉さんはもともとすごいオーラを放っている方でしたが、さらに美しさに磨きがかかり、俳優さんとしても大きくなられて!」と、2006年の「不信のとき~ウーマン・ウォーズ~」(フジテレビ系)以来、15年ぶりの再会を喜びつつ、「回を追うごとにいろんな本性が出てくる、深みのある役なので、演じていても楽しいです。視聴者の方にも楽しんでいただけるキャラクターを作れるよう頑張ります」と自身の役柄もアピールした。

 ほか、永野は鍬形の腰巾着の内科医・寒蝉勇次を演じる。4人がどんなふうに未知子や外科の元祖“御意軍団”の前に立ちはだかっていくのか見ものだ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.