News ニュース

「24時間テレビ44」元チャリティーランナーの城島茂が最終走者として7年ぶりに疾走!2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

 岸からスタートした「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は、第2走者を東京五輪卓球混合ダブルスの金メダリスト・水谷隼、第3走者をトリノ五輪女子フィギュアスケートの金メダリスト・荒川静香、第4走者を東京五輪のレスリング女子で金メダルを獲得した川井梨紗子・友香子姉妹、第5走者を元ラグビー日本代表の五郎丸歩、第6走者をロンドン五輪体操日本代表の田中理恵、第7走者をボクシング世界3階級制覇・長谷川穂積、第8走者を女子サッカー元日本代表・丸山桂里奈が務め、第9走者の東京五輪の女子バスケットボール銀メダリスト・林咲希にたすきを渡した。

 「めちゃくちゃ楽しい」と終始笑顔で走り続けた林のゴール目前で、ついに最終走者が発表。2014年にチャリティーランナーとして101kmを完走したTOKIO・城島茂が登場した。軽やかにゴールした林は、バスケットボールの3ポイントシュートのポーズで城島に向けてシュートを決め、城島はゴールリングの形で林のエアーシュートを受け止めた後、走り始めた。

 7年ぶりにチャリティーランナーとして走る城島は「震災から10年、福島で走れることにご縁を感じます。その後もいろいろな災害があり、大変な方が全国にいらっしゃいますが、僕たちの走りが明日への一歩につながればいいなと思います。1人で走るのではなく、お世話になった多くの方々の“想い”を胸に、みんなで走るので楽しみです」と福島で走ることへの思いを明かしている。 


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.