News ニュース

「24時間テレビ44」募金リレーの第4走者は東京五輪で姉妹金メダル獲得を果たした川井梨沙子&友香子姉妹!2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

 岸からスタートし、東京五輪卓球混合ダブルスの金メダリスト・水谷隼、トリノ五輪フィギュアスケートの金メダリスト・荒川静香とたすきをつないできた「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」。荒川からたすきを受け継いだのは、東京五輪のレスリングで姉妹そろって金メダルを獲得した川井梨沙子、友香子姉妹。

 妹の友香子は「被災地にいる方の気持ちっていうのは本当に本人しか分からないものだと思うし、私たちがかけられる言葉も難しいと思うんですけど」と前置きした上で、「頑張る姿を見て少しでも前向きになってくれたらうれしいです」と語った。

 一方、姉・梨沙子も「私たちが走っている姿を見て、何かを一緒に頑張ろうって思うきっかけになってくれたらうれしいです」と同調。さらに、「五輪では多くの方に応援してもらったので、今度は応援する気持ちで一生懸命走りたいです」と意気込んだ。そして、「トレーニング以外で長距離走るのは初めてなので、友香子に置いていかれないように頑張ります」と笑顔を見せた。

 姉妹仲良く走り出した2人だが、友香子の位置取りに対して梨沙子が「しれっとインコースを取ったな」とツッコむ場面も見られた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.