News ニュース

アンタッチャブル&髙橋ひかると学ぶ「バチることって悪くない」というポジティブシンキング2021/08/04

 フジテレビでは、水曜NEXT!「ケンカ上等バラエティ バチッター」を8月4日(深夜0:30)、11日(深夜0:25)に放送(関東ローカル)。“マイナスのイメージを吹き飛ばすくらい、ケンカから楽しく学んでしまおう”というコンセプトの新感覚情報バラエティーで、バチバチとけんかした経験のある人を“バチッター”と名付け、バチる理由、バッターたちの言い分、バチった結末、そしてバチって分かったことまでを徹底調査する。2週にわたり伝える、バチッターたちの実態の一部始終を見届けるのは、アンタッチャブル(柴田英嗣、山崎弘也)と髙橋ひかる。

 番組で紹介するのは「タレント・赤井英和にブチ切れた妻!破天荒な夫と妻のバチバチの真相」「東京・下町の人気レストランの名物!? 客の目の前で行われるガチのバチバチ」「彼氏と大げんかしたことで売り上げ15億円の社長に」「歴史に残る超有名なバチッたシーン!」「街のコワモテさんに聞いた!人生で一番バチッた話」など、バリエーション豊か。けんかはむやみにするものではないが、さまざまな理由があり、バチバチすることで新たに生まれるものもある。番組ではそんなバチバチを楽しみながら、それぞれの人生をのぞき見し、そこからの学びを発見していく。

 収録を終えた柴田は「けんかをのぞいているこっちは“始まっちゃうの? 大丈夫?”って思っちゃった。みんなに聞けば、誰もが何かしらけんかした経験はあるでしょう。さらにいろんなエピソードが聞けそう」と興味津々。山崎も「僕はバチッた経験はほとんどないですけど、20年くらい前に自宅で寝ていたら、いきなり柴田さんにつかまれて“お前、何しているんだよ!”って怒鳴られて…。その時はさすがに“何だよー、頭おかしいんじゃないの?”って思いました」と被害を告白。

 それには、当の柴田は「山崎さんが、遅刻して仕事を一つ飛ばしたんですよ! 山崎さんの大家さんに鍵をもらいに行って、中に入って怒ったんです。僕の人生で一番バチッたのは、その時ですね」と吐露。そして、「この番組は、ただ“怒るというのがダメ”なのではなくて、怒り、バチバチから、何か楽しい人生に変えていくということを、視聴者の皆さんにも面白がっていただければと思います」とアピールした。

 髙橋は「けんかと聞くと、こわもての人とか悪い人が、というイメージがありました。人のけんかを見て最初はひやひやしたのですが、こんなハッピーなけんかもあるのかとか、けんかからいいことが生まれることもあるんだ!と、悪いイメージが変わった不思議な経験でした」と新たな発見があった様子。ちなみに、バチッた経験は「私はよく衣装にものをこぼす癖があって、さっきもスタイリストさんとバチりそうになってしまいましたが、アンタッチャブルのお二人から『それは、謝りなさい』とツッコまれました(笑)。でも、こういうバチバチから何か生まれるかもしれませんよね。バチることって悪くないんだ、私もバチバチやっていきたいな(笑)と、思いました!」と明るく宣言している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.