Feature 特集

【映画「ブルーヘブンを君に」スペシャルインタビュー①】ボイメン・小林豊&本田剛文が、夢に挑戦する祖母を支える兄弟を熱演! 2人が語る“絶対に諦めたくない夢”とは?2021/06/11

 由紀さおりさんの映画初主演作「ブルーヘブンを君に」が、6月11日に公開されます。青いバラという、不可能を可能にしたバラ育種家をモデルに、がんで余命宣告されてもなお、“ハンググライダーで空を飛ぶ”という夢を諦めずにチャレンジし続ける園芸家・鷺坂冬子を由紀さんが熱演。今回、冬子の孫役として出演する、BOYS AND MENの小林豊さんと本田剛文さんのお二人に、作品の見どころや撮影時のエピソードなどを伺いました!

──まず、初めて脚本を読んだ時の感想を教えてください。

本田 「秦(建日子)さんの作り出す物語の温かさが伝わってきたというか、すごく勇気をもらえるストーリーだなと思いました。これがどう映像化されるんだろうと楽しみでしたね。脚本を読んでいるだけで情景が浮かぶような…そんな印象でした」

小林 「僕たちが演じる兄弟が、由紀さん扮(ふん)するおばあちゃんを支えてあげられればいいなと、読んだ時はざっくり言うとそんな感想でした。出来上がった映像を見て、ここまで温かいストーリーを作ることができたんだ!って、びっくりしましたね」

──完成した映画を見てあらためて感じたことはありますか?

小林 「自分の信念を持って生きていくことは格好いいんだなって、すごく感じました」

本田 「ぼんやりとした言い方にはなっちゃうんですけど、本当に美しい作品だな、と」

小林 「出演者の顔面偏差値高いしね」

本田 「…ちょっと待ってくださいね。(小林さんにパンチ)」

小林 「痛い!! 今の見ました!?」

──(笑)。

本田 「すみません(笑)。この映画のテーマやメッセージは、すごく前向きなものなんですけど、それを(ロケ地である)岐阜県の山とか川とか、美しい風景が引き立たせてくれてるんだな、と。由紀さん演じる冬子の“空を飛びたい”という夢が物語の軸になっているんですけど、青い空やそれが映った川の青さ、その青に映える緑などが美しくて…。ロケ地と物語のかみ合いが抜群にいいんだな、というのは見た時に感じました」

小林 「ロケ地が本当に良かったよね!」

──撮影は全て岐阜県で行われたとのことですが、地元の方も多数出演されていますよね。撮影時は交流などありましたか?

本田 「撮影中の朝ご飯とかは、地元のお母さんたちが作ってくれたりしました! 僕らも地域に密着してるけど、地元の方々がこの作品を応援してくださったというのは、本当にうれしいよね」

小林 「僕は撮影の途中、カフェとか点々と行ってたんですけど、この映画のポスターが至る所に貼ってあるんですよ。僕が『あーっ!』て言ったら、お店の人も『あー!!』って(笑)。みんな知ってくれているんですよね」

本田 「次、岐阜県でライブした時には、エキストラの方とか来てくれたらうれしいですね。ご縁が長く続くといいなと思います」

──今回お二人は兄弟役ですが、もし本当の兄弟だとしたら、どんな関係になっていると思いますか?

小林 「待って、それはお姉ちゃんとか妹がいる設定?」

本田 「そんな細かい設定いらん!(笑)」

小林 「いや、それで変わるんだって(笑)」

──2人兄弟でお願いします!

小林 「そうだな~、『昔はかわいかったのに』とか『昔は甘えてたくせに!』って僕が言ってけんかしてそう(笑)」

本田 「子どもの頃ならまだしも、大人になった今一緒に暮らすのは、生活のペースが違いすぎて絶対無理!(笑)」

小林 「家で頑張るタイプだよ? 僕」

本田 「頑張るということは無理させちゃうってことだからね。でも(小林は)料理が得意なので、作ってくれるご飯はありがたく頂戴します! でも想像すると、本当に映画の中の兄弟みたいになりそうですね」

──確かに、お二人の関係性が劇中の兄弟そのままのようです…! ご自身の役柄との共通点や相違点などありましたか?

小林 「僕は、おばあちゃんが小さい頃に亡くなっているので、あまり思い出がないんですけど、その代わりにおじいちゃん子だったんですよ。本作を通しておじいちゃんのことを思い出しましたし、おばあちゃんがいたらこうだったのかな~と、想像しましたね」

本田 「考えてみたら、僕は(自身が演じる)正樹と似てないところの方が少ないです」

小林 「合コンは参加しないんじゃない?(笑)」

本田 「あ、僕は参加しないです! 正樹は合コンに参加していましたけど、女性との距離を詰めるのが下手というか…不器用なりにも、グイグイ行くんですよね。僕はグイグイは行かないです。その辺は似てないですね(笑)」

──劇中では由紀さん演じる冬子が夢をかなえようとチャレンジする姿が描かれていますが、お二人が絶対に諦めたくない夢は何ですか?

本田 「グループとしては、紅白歌合戦出場です! 個人的な夢だと、僕は実況ができるようになりたくて。実は今、古舘(伊知郎)さんに弟子入りさせていただいてるんです。こんな機会はめったにないので、いろいろと教えていただいてるんですけど、実況ができるタレントって、これまでいないと思うんですよね。そんな新たなジャンルを開拓できたらいいな、という夢があります」

小林 「(しばらく考えて)僕はディズニーと仕事がしたい! ミッキーと一緒にライブをしたいです。これは諦めたくない!(笑)」

──夢の共演楽しみにしています! 最後に、映画の見どころとメッセージをお願いします!

小林 「“不可能”という花言葉の青いバラを世界で初めて生んだ冬子さんが、次は“空を飛ぶ”という夢に挑戦するんですけど、この映画を見た方には、夢をかなえるための一歩を踏み出してほしいなと。それはどんなことでもいいんだけど、ダメかなと思ったり前向きになれないことでも、自分次第で変われるし、明るい未来のために一歩踏み出してほしいなと思います。だから僕もミッキーマウスと共演する夢は諦めません!(笑)」

本田 「大人になると『報われない努力とか、かなわない夢もあるよね』って考えちゃうことはどうしてもあると思うんですけど、人生の酸いも甘いも経験してきた冬子さんが夢を諦めずに立ち向かっていく姿に、勇気や元気をもらえます。この作品を通して、僕たちが皆さんに寄り添えたらいいなと思っています。楽しみに劇場に来ていただけるとうれしいですし、ぜひ家族で見ていただきたいですね」

──ありがとうございました!

 スクリーンからそのまま飛び出したかのような、兄弟(というより漫才師?)を思わせる息の合った掛け合いで、記者を爆笑させてくださったお二人。本作品は、いくつになっても夢を諦めない人生の素晴らしさを描く感動作でありながら、コミカルなシーンも満載で、まさに笑いあり涙ありの心温まる物語です。ぜひ、劇場でご覧ください。

【プロフィール】

小林豊(こばやし ゆたか)
1989年3月19日生まれ。滋賀県出身。B型。9人組エンターテインメント集団・BOYS AND MENのメンバー。2013年「仮面ライダー鎧武/ガイム」に主人公のライバル役で、テレビドラマ初レギュラー出演。主な出演作に、舞台「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」、映画「海すずめ」「リトル・サブカル・ウォーズ ヴィレヴァン!の逆襲」、ドラマ「あなたには帰る家がある」(TBS系)などがある。現在は、情報番組「さらさらサラダ」(NHK総合/中部7県)に出演中。


本田剛文(ほんだ たかふみ)
1992年11月3日生まれ。愛知県出身。O型。9人組エンターテインメント集団・BOYS AND MENのメンバー。2013年「僕たちの高原ホテル」で映画初出演。19年、ドラマ「トクサツガガガ」(NHK総合)で、主人公の職場の優しい後輩役を演じ話題に。主な出演作に、映画「サムライ・ロック」「復讐したい」、ドラマ「あなたには帰る家がある」(TBS系)などがある。現在は「キソ英語を学んでみたら世界とつながった。」(NHK Eテレ)に出演中。

【作品情報】

映画「ブルーヘブンを君に」
6月11日 全国公開

世界初の青いバラ「ブルーヘブン」の生みの親である、園芸家・鷺坂冬子(由紀さおり)。孫や家族に囲まれて暮らす冬子には、家族に言えない秘密があった。がんが再発し、ステージ4で余命半年と診断されたのだ。主治医の川越恵一(大和田獏)の叱咤(しった)激励を機に、冬子はある“やり残したこと”を思い出す。それは、ハンググライダーで空を飛ぶことだった。病気のことは内緒にしたまま、冬子は蒼太(小林豊)と正樹(本田剛文)の2人の孫と、その友人で溶接工の鈴木夏芽(柳ゆり菜)を巻き込み、不可能といわれた夢にチャレンジしていく…。

監督/秦建日子 脚本/秦建日子 小林昌
出演/由紀さおり 小林豊(BOYS AND MEN 柳ゆり菜 本田剛文(BOYS AND MEN) おかやまはじめ 岩橋道子 柊留美 鈴木信二 関口アナン 松嶋亮太 中田圭祐 小池里奈 田村侑久(BOYS AND MEN)(友情出演) 寺泉憲 大和田獏 寺脇康文

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

TVガイドweb公式Twitter @TVGweb (https://twitter.com/TVGweb)をフォローし、下記ツイートをリツイート。
https://twitter.com/TVGweb/status/1403156070843912193
【締切】2021年7月8日(木)正午

取材・文/M 撮影/蓮尾美智子

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.