Feature 特集

芳根京子主演「半径5メートル」がスタート! 女性週刊誌の編集者役を通して変化した思いとは?2021/04/30

 芳根京子さん主演のドラマ10「半径5メートル」(NHK総合)が4月30日からスタートします。タイトルの「半径5メートル」とは、ニュースにならないような個人的な感情や出来事の世界。そんな身近な話題を記事にする女性週刊誌が本作の舞台です。

 芳根さん演じる若手編集者の前田風未香は、芸能スクープや事件を追いかける部署“1折班”で大失態をしてしまい、生活情報や読者の身近な関心事を掘り下げる“2折班”に異動。そこで、一風変わった取材をするベテラン記者の亀山宝子(永作博美)と出会い、風未香は宝子に振り回されながら日々成長していきます。女性たちのモヤモヤから現代の人間模様に迫り、世の中を見詰めていく…。果たして宝子の取材にはどのような意味があって、どのような記事が生まれるのでしょうか。

 今回は、風未香を演じる芳根さんに、作品の見どころや週刊誌のイメージなどを語っていただきました。

――まずは、芳根さんが演じる前田風未香の人物像をお聞かせください。

「私が演じる前田風未香は等身大の25歳で、いい意味で今どきの女性なので、周りが見えていなくて気付かないこともたくさんあります。『ここを掘ると面倒くさいな…遠回りになるな…』と誰もが避けるようなことに対して、宝子さんから『そこから始めなよ、そこを掘りなよ』と指摘されます。台本を読んだ時、私も風未香と同じように『宝子さんのような発想はなかったな』と思うことがたくさんありました」

――風未香は週刊誌の編集者ですが、実際に演じてみての印象はいかがですか?

「私が思っていた週刊誌のイメージは、1折だったということに気付きました。“一つのスクープに向かっていく!”という勝手なイメージがあったので、今回、2折の編集者の役を経験させていただき、週刊誌が身近に感じられるようになりました。そしてこの作品に出演させていただくことで、週刊誌を読む機会がすごく増えましたし、前の方のページだけではなく、中のページも隅々まで興味津々に読むようになりました」

――週刊誌のイメージは変わりましたか?

「最初は切羽詰まって追い詰められているイメージでした。期限が厳しくて、自分から戦いに行かないといけない、体育会系を想像していましたが、風未香がいる2折はアットホームな感じがすてきです。台本を読んでいて『ここに目をつけるんだ!』ということが多くて、物語としても面白いです。王道ではなく、普通に考えても出てこない発想をたくさん出していかないといけないのは、作り手の難しさを感じます。宝子さんからヒントや切り口を教えてもらいますが、『あとは自分で行ってこい』という感じです。そういうふうに育ててくれる先輩が、すごくいいなと思います」

――風未香と宝子さんのコンビや、2折班の方々とのやりとりが楽しみです。

「風未香にとって宝子さんは、すごく刺激をくれる方です。宝子さんの取材方法は、答えを教えてくれるわけではなくて、発想を切り開くための入口なので、自分の視野を広げてくれて、とても深い人間になれるような感じがします。答えだけを教わっていたら、風未香のような成長はしないだろうなと思います。宝子さんに振り回されて、風未香は『うわ、まただよ…』という気持ちになるのですが、“これは何一つ無駄な事ではない”というのが分かってくるんです。宝子さんのやり方は“見えてくるものがもっともっと広がるんだよ”という助言なので、風未香はいい方と出会えたなと思います。先ほど、永作さんが『風未香が人生を振り返った時に、自分の人生を変えてくれた人は、絶対に宝子さんになる』とおっしゃっていて、私もすごく感じています。2折の皆さんは個性豊かで、それぞれのキャラクターがしっかりしているのに意見でぶつかることがありません。宝子さんが自由に取材しても『宝子さんに任せておけば大丈夫』と思えるのは、みんながそれぞれのことを信頼し合っていて、関係性が出来上がっているので、理想的な職場だなと思います」

――芳根さんご自身も、宝子さんから学んでいることが多いんですね。

「そうですね。1話では、レトルトおでんを買おうとした主婦を非難して、SNSで話題になった“おでんおじさん”のネタを取り上げます。普通は“おでんおじさんに言われた人”(主婦目線)を中心に考えがちですが、今回の物語は“おでんおじさん側”にも着目します。ニュースで見ていると、どうしても言われた方の考えが放送されたり、目にしたりすることが多いので、今まで自分が見ていたのは表側の180度だけだったなと思いました。“おでんおじさん側”からすると“おでんおじさん”が表なので、裏も表もないですが、360度の世界が見えた気がします。知っていると考え方が広がるし『あ、こういう意見もあるんだな…』とのみ込めるし、いいことがたくさん詰まっていると思ったので、24歳の今、この作品と出合えて良かったなと思います」

――印象に残っているシーンはありますか?

「こんにゃくを作ったことです(笑)。インパクトが大きかったこともありますが、撮影に入る前に“こんにゃく作り”の機会をいただきました。顔合わせの前だったので、そこで永作さんと毎熊克哉さんと初めてお会いして、皆さんとたくさんこんにゃくを作って、『なんだこのドラマは!』と思いました(笑)。それぞれが作ったこんにゃくをみんなで食べて『この人が作ったこんにゃくは、ちょっと弾力が強めだね』という会話をして、少し不思議な気持ちになりました。『撮影の前にこんにゃく作りか…』とモヤっとした感じが、風未香の気持ちにつながるのかな…と。『どうして私はドラマの撮影の前に、こんにゃくを作っているんだろう…』というのが、風未香が思う『取材をしたいだけなのに、なんでラブホテルでおでんを作っているんだろう…』とつながって、初めからリンクしていたのかなと思います」

――すてきなセリフがたくさん出てくる作品だと思いますが、忘れられないセリフがありましたら教えてください。

「やはり初めて宝子さんと会った時に言われた『緑のタイル』です。床の一部に緑のタイルが貼られていることを教えてもらって、『そこから見えていく』と言われた時、私もまだピンときていなくて、『半径5メートル』は人によって感覚が違うんだなと思いました。撮影現場のセットに半径5メートルの円が実際にあって、それを見た時に『こんなに大きいんだ!』と私は思いましたが、すごく狭いと思う人もいると思います。『そこから見えていく』というのも、人によって感覚が違うと思うので、『半径5メートル』はすごく絶妙で面白いなと思います。1話で宝子さんから投げられたこの言葉が印象に残っていますね」

――「半径5メートル」は人によって感覚が違うということですが、芳根さんご自身が思う「半径5メートル」の出来事、こういう記事があったら読みたいなというのはありますか?

「“荷物を減らすすべ”を知りたいです。私は風未香ほどではないですけど、持ち歩く荷物が多いんですよ! 家の中の物は多くないんですが、持ち歩く荷物がとにかく多くて、どれも家に置いていくことができないので、“仕事の時に持っていく荷物を減らすすべ”を知りたいです。プライベートは小さいかばんで平気なんですけど、仕事になると本当に重たくて…。誰かに私のかばんを見てもらって、いる物といらない物に分けてほしいなと思います(笑)」

――お仕事の時は、なぜ荷物が多くなってしまうのでしょうか?

「朝から晩まで撮影だと『あ! これが必要になるんじゃないかな…』と思って、たぶん荷物が増えるんだと思います。結局使わないこともありますが、ハンドクリームを2、3種類持っていたり、目薬も何種類も持っていたり…。先ほども楽屋でメークさんやスタイリストさんから『かばんの中にいろんな物が入っているね』と言われました。今日は1日取材なのに、台本が7冊入っているらしいです。少しでも時間があれば明日の台本を読みたいなと思って、仕事の時はすごく心配症です。プライベートでは、携帯電話だけでもいいくらいなんですよ。仕事の時は、ちゃんとしていると思ってもらえたら(笑)」

――今回“取材する側”を疑似体験されていますが、新たな発見はありましたか?

「いつも取材をしていただく上で、台本を読んできてくださったり、作品を見てきてくださったり、それ以外にもたくさんの時間をかけて、今日に向けて準備してくださっているということに、あらためて気付けたので、その分しっかり答えないといけないと思うし、どういう答えを求められているかというのを、きちんと頭で整理して的確にお伝えしないと失礼だなと思いました。私は今まで180度の世界しか見ていなかったけど、取材してくださる方を含んだ360度を感じることができて、より一層丁寧にお話させてもらいたいなと思うようになりました」

――今日も丁寧にお話してくださってうれしいです。

「今までは取材する方の気持ちは分かっていなかったなと気付きました。作品のことを知ってもらえたらという思いで話していたつもりですが、それだけではない何かを伝えられるといいなと思っています」

――では“取材する側”の役づくりで、何か事前に準備をされたのでしょうか。

「本当は編集部にお邪魔してみたかったのですが、コロナ禍でお伺いできなかったので、実際にお仕事をされている方の姿を見ることができませんでした。役づくりに関して、私の立場はあまり知らない方がいいなと思ったので、純粋に宝子さんから言われたことに『どういうことなんだろう…面倒くさいな…』と素直に感じて演じています。そうすると視聴者の方と近い気がして、見てくださる方が風未香と一緒の目線で真相を追って、記事を作るところを見てもらえたらいいなと思います。若手編集者がいろんなことを教えてもらって成長していく物語なので、事前に何かを調べるよりも、その場その場で生まれるものを大切にしています」

――最後に、作品を通して視聴者の方々にどのようなメッセージを伝えたいですか?

「今はSNSが普及した時代なので、いろんなすれ違いが起きています。今回の作品を通して、いろんな物事に対して決めつけるのは良くないなと思いました。視点を変えると見え方も違うので、そういうことを届けられる作品にしたいです。現代社会で起きている問題がすごく詰まっていて、いろんな世代の方に見てもらえたらうれしいですし、世代によって誰の目線で見るか、どう感じるかも違うと思います。風未香と一緒に宝子さんに振り回されて、物事を追求していく気持ちになってもらえたら、新しい世界が広がるのかなと思います」

――ありがとうございました。

【番組情報】

ドラマ10「半径5メートル」
4月30日スタート
NHK総合 午後10:00~10:44

NHK担当 M・I

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.