Feature 特集

ムロツヨシがアニメ「宇宙なんちゃら こてつくん」でナレーション&キャラクターの声に挑戦! アフレコ現場で監督から言われた驚きの要求とは…?2021/04/17

 NHK Eテレ「天才てれびくんhello,」内で新たなアニメシリーズ「宇宙なんちゃら こてつくん」が毎週水曜午後6:45から放送中。人気クリエーター・にしむらゆうじさんによる同名WEB漫画を原作に、アニマル国宇宙アカデミーのパイロット科1年生のこてつ(声・藤原夏海)くんが、宇宙飛行士を目指して奮闘する姿を描く物語です。

 今回、アニメをゆるく彩るナレーションと、“DAXA”(アニマル国で、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行っている機関で、宇宙アカデミーの運営元)のマスコットキャラクター・DAXAくんの声を務めるムロツヨシさんに、作品の見どころやアフレコ時のエピソードを伺いました!

――子ども向けアニメへの出演ですが、オファーを受けた際の心境はいかがでしたか?

「僕の周りや友人の子どもたちにちょうど小学生くらいの子が多いので、まず、その子たちに見てもらえるような作品に参加できるっていうのがうれしかったです。僕は宇宙について詳しくはないので、自分自身も勉強になると思いましたし、僕らが子どもの頃は将来の夢で“宇宙飛行士”という選択肢はほぼなかったと思うんですけど、今では“将来は宇宙飛行士”というのは十分ありえることだと感じているので、そういう意味でも良い作品になるなと思いました。あとは、出演して友達の子どもたちに好かれたいなと(笑)。お母さん方からも、放送時間帯がちょうど夕ご飯を作る時間と重なるので、『テレビアニメを子どもたちが見てくれていると家事に集中できる』っていう声も耳に入ってきています(笑)」

――ナレーションとキャラクターのDAXAくん、それぞれ意識したことはありますか?

「DAXAくんは“DAXAで働いているおじさんが、子どもたちに宇宙の豆知識を伝えようとして、ちょっと無理して高い声で話してる”という設定での演技を考えてます(笑)。ナレーションでは肩の力を抜くことを意識しました。うまくやるとかではなく…かと言って、伝わらないと意味がないので、肩の力を抜きつつ、かつ伝わりやすく、というのを意識してます。あとは、ちょっとおふざけというか、毎回少しだけ変化をつけています。DAXAくんの『なんちゃら雑学~』というセリフの後に間がある時は、なにか一言入れています。例えば、『なんちゃら雑学~ダクサです!(早口)』って言うのを、台本にはなかったけど入れました。これが今のところ一番気に入ってます(笑)」

――それは注目ですね(笑)。アフレコ現場では、監督から指示などありましたか?

「僕はありがたいことにナレーションの経験があって、『ムロさんのナレーションいいですね』なんて言われたこともあるので、多少の自信を持って現場に臨んだわけです。もちろんアニメの動画を先に頂いたので、それを見て練習をしてから現場に入ったのですが、行って早々、監督や制作の皆さんに言われたのが『うまくやらないでほしい』と(笑)」

――(笑)。

「僕の準備は空振りに終わったんですね。なぜかと言いますと、確かに“なんちゃってナレーション”って台本に書いてあるんです。この“なんちゃって感”をムロさんに出してほしい、“なんちゃって風”ではダメだと。その中で多少のおふざけを入れてほしいと監督に言われました。結局、準備したものを捨てる時間が必要でしたね(笑)」

――監督からのその要求はなかなか難しいですよね…?

「そうなんですよ。4話目くらいからもう引き出しがなくなっちゃって(笑)。毎回、試行錯誤しながらやっています」

――原作者のにしむらゆうじさんとはお会いになりましたか?

「最初のアフレコの時にお会いさせていただきました。物腰も話し方もすごく柔らかくて、この方がこてつくんたちを描いてるんだなと、すごくふに落ちました。にしむらさんが描かれるキャラクターは、みんなが親しみを抱くような、現実にはいないけど身近に感じられるというか…その距離感が魅力なのかなと思います」

――こてつくんの夢は宇宙飛行士ですが、ムロさんが小さい頃の夢は何でしたか?

「小学校5年生まではプロ野球選手でしたね。でもちょうど5年生の時に、運動神経のすごくいい子が、すぐに僕よりうまくなったんですよ。そこで自分の野球の才能の限界を知りました。なので少年野球チームに入ってたんですけど、中学1年までやったら野球は終わりにしようと思って。そこからは、ザ・ドリフターズが好きだったこともあって、テレビの世界への憧れは強かったですね」

――最後に、アニメの見どころを教えてください!

「なんと言ってもゆるさが魅力です! でも、見た後すぐに『あれ…? なんか宇宙のこと知れたな』って思えるんです。あとは、“やりたいことをやるって、いいことなんじゃないかな”なんてメッセージが伝わればいいなと思ってます」 

――ありがとうございました!

 宇宙のこと、そしてほんのり生き方すらも学べるアニメ「宇宙なんちゃら こてつくん」。ムロさんのゆる~いナレーションと、クスッと笑えるキャラクターたちに癒やされること間違いなしです! ぜひご覧ください。

【プロフィール】

ムロツヨシ(むろ つよし)
1976年1月23日生まれ。神奈川県出身。ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)、「今日から俺は!!」「親バカ青春白書」(共に日本テレビ系)、「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京ほか)、映画「空飛ぶタイヤ」「50回目のファーストキス」「銀魂」シリーズ、「新解釈・三國志」などの話題作に出演。実写映画初主演となる、映画「マイ・ダディ」が2021年秋に公開予定。

【放送情報】

「宇宙なんちゃら こてつくん」
NHK Eテレ
水曜 午後6:45~6:55(「天才てれびくんhello,」内で放送)

NHK担当 M・M

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.