Feature 特集

ムロツヨシ×福田雄一「親バカ青春白書」がスタート! 娘が好きすぎるお父さんが同級生に!!2020/07/30

 8月2日にムロツヨシさん主演のドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系)がスタートします。同系ドラマで劇場版が絶賛公開中の、福田雄一監督率いる「今日から俺は!!」制作チームの最新作です。“福田組”常連の筆頭的存在でもあるムロさんにとってはゴールデン・プライム帯での初主演。「娘のことが好きすぎて、同じ大学に入学してしまう」というムロさん演じる“親バカ”主人公・小比賀太郎、通称・ガタローを中心に物語が進んでいくというプロットだけでも、見逃せないドラマだと思いますよね。

 売れない小説家であるガタローは最愛の妻・幸子(新垣結衣)を病気で亡くし、以来娘のさくら(永野芽郁)を男手一つで育ててきました。そんなさくらも、いよいよ大学進学…というところで、ガタローのぶっ飛んだ親バカっぷりが発揮されます。

 合格発表で自分の受験番号を発見して大喜びのさくらの横で、なぜかさくら以上に歓喜を見せつけているガタロー。女子校育ちのさくらが共学の大学に通うというのが心配で心配で心配で…とこじらせきったガタローは、なんと同じ大学を受験し、そして合格しているという…。最初は状況をのみ込めなかったさくらも、次第に事態を理解し始めますが、理解したところで「えっ?」とか「はっ?」となりますよね。娘がかわいすぎてそうしたくなる気持ちは分かります。私もそうでした、娘いないけど。が、それを実践してしまうとは恐るべし…。

 そんなこんなで、ガタローとさくらは晴れて(なのか?)同級生になります。さくらは入学式で知り合った山本寛子(今田美桜)と学食へ行くと、同じ学部の畠山雅治(中川大志)や衛藤美咲(小野花梨)と相席になります。秋田から上京してきた真面目な青年である畠山は、そこでイケメン対応を見せ、さくらはビビッとくる衝撃を受けます。

 一方のガタローは、さくらに近づきそうな男たちに目を光らせていると、担当教授の大村(野間口徹)から不審者扱いされ、呼び出されてしまいます。その後、同じ新入生で自称・YouTuberの根来恭介(戸塚純貴)と意気投合。

 そして、6人が合流し、キャンパスライフを共にする仲間となっていきます。“さくらラブ”なガタローがその恋人候補(?)の畠山に圧をかけたり、寛子からハートの矢印が向けられたり(?)、さらには親子そろってのサークル活動に精を出そうとしたり…。娘やその同年代の同級生に負けないくらい、二度目の大学生活を謳歌し始めます。

 永野さんとの親子役について、ムロさんは「笑顔がかわいいです! お父さんとしてこれ以上のやりがいはないです」と楽しんでいるようで、「“娘”には感謝しています。この子のお父さんでよかったと、毎日自然に思っています(笑)」とのこと。一方の永野さんも「撮影に入る前は『さくらって難しいな』と思うことがあったのですが、ムロさんの演じるお父さんによってさくらが作られていると日々感じています」と信頼を口に。また、新型コロナウイルス対策で、これまでのドラマ撮影よりもリハーサル回数が少ないなどの不安がある現場でも、ムロさんの気遣いによって「安心して撮影に入れていると思います」と明かしています。なんとすてきな“親子愛”でしょう! 

 ドラマでは、純真無垢なさくらが大学進学し、そこで強烈な親バカっぷりを目の当たりにし、「あれ? うちのお父さんって…」とガタローのヤバさに気付いていきます。「今まで気付かなかったんかーい!」とツッコみたくなりますが…。そこから新しい親子の形が感動的に描かれていくのか。それとも、笑えるコメディーとして突っ走っていくのか。この夏、最も親バカな青春物語をお見逃しなく!

【番組情報】

「親バカ青春白書」 
8月2日スタート 
日本テレビ系 
日曜 午後10:30~11:25 

日本テレビ担当 K・T

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.