News ニュース

永野芽郁「親バカ青春白書」で“親子”共演のムロツヨシは「イメージとズレがなさすぎて逆に心配(笑)」2020/07/13

 8月2日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「親バカ青春白書」(日曜午後10:30)で、ムロツヨシ演じる、ガタローこと小比賀太郎に溺愛されるド天然でピュアな娘・さくらを演じている永野芽郁。そんな永野が、父親役のムロの印象や、ドラマの見どころを語った。

 ドラマは同系の「今日から俺は‼」制作チームの最新作で、娘を溺愛するあまり、娘と同じ大学に入学した親バカのシングルファーザー・ガタロー(ムロ)と、父と同級生になった娘・さくらが、大学生活を送る中で絆を深めていく家族の愛の物語だ。小比賀親子の同級生役で、中川大志、今田美桜、戸塚純貴、小野花梨、ガタローの亡き妻・幸子役で新垣結衣も出演する。

 永野は「今までに経験したことのない、慣れない環境での撮影ですが、そんな中でもムロさんが明るく撮影現場を盛り上げてくださるので、毎日楽しく撮影をしています。みんな年齢はそれぞれ違うけれど、同じ学生として『大学生活って、きっとこんな感じなのかな』と毎朝、食堂に集合したり撮影の合間も話をしたり、キャンパスライフを想像して青春を感じながら過ごしています」と疑似学生生活を楽しんでいる様子。

 ムロとの演技は「とても安心感がある」そうで、「私がセリフの言い回しに迷ったりしても、ムロさんの発するセリフを聞くと“あ、これがいいのかな!”って分かったりして。“お父さん”という関係性もありますが、ムロさんという存在に引っ張っていただいていて、安心してさくらを演じられています。撮影に入る前は『さくらって難しいな』と思うことがあったのですが、ムロさんの演じるお父さんによってさくらが作られていると日々感じています」と、ムロの存在に助けられていることを告白。

 さらに、「長いシーンでは、(ウイルス対策でリハーサルが少ないため)カメラテスト前にみんなが少し不安そうな顔をすることがあるのですが、ムロさんがそんな雰囲気を察して『1回みんなで合わせようか』と言ってくださるんです。そこで“このシーンのセリフはこういう感じなんだな”という雰囲気をつかむことができて、安心して撮影に入れていると思います。現場でのムロさんはとても明るくて、自分が思っていたムロさん像とズレがなくて、逆に心配になっています…(笑)。いつも明るく盛り上げてくださってるいけど、疲れちゃわないのかなと、今はそういう心配があります」と“父親”を気付かい、「撮影が終わるまでに、ムロさんの“新たな一面”を発見したいですね」と今後に期待。

 また、福田雄一監督からは「クランクインの時に『もうちょっとこういう感じでいこうか』と、セリフの強さや明るさの具合の指示があった」と明かす永野。「監督はこちらを信じてくれている上で、アドバイスをしてくださるので、そういう意味では心配は減りましたね。『怒られたらどうしよう』と思っていたんですけど(笑)、撮影現場がピリピリすることはないですし、それはもう監督のお人柄なんだろうなと感じています」と福田組の雰囲気を語る。

 そして「さくらはとにかく真っすぐで純粋、人を疑うという心を知らない女の子。大学生だけど、まだいろんなところに純粋無垢な状態で過ごしたいと思っています。ドラマの見どころは、みんなの“間(ま)”です。6人でお芝居をしているからこそのテンポ感がすごく面白いんです。その間を楽しんで見ていただけたら、仲間に入った気持ちになって楽しんでいただけるのではないかなと思っています」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.