News ニュース

「親バカ青春白書」合格発表シーンが公開。ムロツヨシの号泣ぶりに永野芽郁が困惑!?2020/07/16

 ムロツヨシが主演する、8月2日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「親バカ青春白書」(日曜午後10:30)から、ドラマの序章となるシーンの、場面カットが公開された。

 ドラマは同系の「今日から俺は‼」制作チームの最新作で、笑いのヒットメーカー・福田雄一氏が手掛けるオリジナル作品。娘を溺愛するあまり、娘と同じ大学に入学した親バカのシングルファーザーのガタローこと小比賀太郎(ムロ)と、父と同級生になった娘・さくら(永野芽郁)が、大学生活を送る中で絆を深めていく家族の愛の物語だ。小比賀親子の同級生役で、中川大志、今田美桜、戸塚純貴、小野花梨、ガタローの亡き妻・幸子役で新垣結衣も出演する。

 今回公開された場面写真には、自分の受験番号を見つけ大喜びするさくらの隣で、なぜか自分以上に喜んで大号泣している父・ガタローの姿が。父親が同じ大学を受験していたことを全く知らなかったさくらは、なぜガタローがここまで喜んでいるのかを理解できないが、少しずつ事態をのみ込み始めるというシーンだ。まさかまさかの、父娘の大学同時合格。そして、ここから始まる2人の大学生活。小説家である父は、比較的時間に融通が利くため、20年ぶりの大学生活を娘と共に送り始めることになる。

 第1話では、最愛の妻・幸子を亡くし、男手一つで娘を育て上げた売れない小説家・ ガタローが、女子高育ちでド天然の愛娘・さくらが共学大学に通うことを心配するあまり、同級生として同じ大学に入学することに。陰に日向に娘を守りながら、新たな仲間たちと共に意外に楽しい2度目の大学生活を満喫するガタローだが、さくらの身に史上最大の危険が迫っていた。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.