Feature 特集

神戸出身の宮田圭子が「おちょやん」で“道頓堀の女”を熱演! 大正時代にタイムスリップした理由とは!?2020/12/19

 現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」(NHK総合ほか)。第3週(12月14~18日放送)では、奉公が終わる年季明けが近づいた竹井千代(杉咲花)が、憧れの女優・高城百合子(井川遥)と再会を果たしました。一方で、芝居茶屋「岡安」のおかみ・岡田シズ(篠原涼子)は、かつて深い因縁のあった歌舞伎役者・早川延四郎(片岡松十郎)と遭遇。シズは延四郎との関係をハッキリさせるべく、手紙を燃やしていましたね。

 その様子を遠くから見守っていたのがシズの母・ハナ(宮田圭子)。彼女は全てお見通しだったのでしょうか。時に優しく、時に厳しく助言しながら、岡田家をはじめ、千代や天海一平(成田凌)を見守っている「岡安」先代のおかみ・ハナを演じている宮田さんから、このたびコメントが届きました。

 今回が7作品目の“朝ドラ”出演ですが、本作の出演が決まった時、「天にも昇るほど、うれしかったです」とコメント。前回の作品は、平成28度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」ということで、「オリンピックかのように、4年ぶりに出させていただいて(笑)」とちゃめっ気たっぷり。ただ、「新型コロナウイルスの影響でオリンピックは延期になり、『おちょやん』の撮影も大変でしたが、撮影に入らせてもらえて、ありがたく毎日を過ごしています。どうかみんな健康で…と願って撮影に入りましたが、始まったら役に没頭しています」とコロナ禍でも芝居心は健在の様子。

 さらに「ハナさんは、いろんな歴史や経験を踏んできて、道頓堀を肌で感じ、頭のてっぺんから足の爪先までしっかり道頓堀に埋まっているでしょうけれど、実は、私自身は道頓堀にあまりなじみがありませんでした」と明かします。「自粛期間中、道頓堀に関する本を読み、道頓堀に出てくる女性たちを学びました。その後、撮影に入って道頓堀のセットを見たら、なんだかタイムスリップしたみたいで、すごく懐かしく感じたんです。もうすっかり“道頓堀の女”になっています(笑)」と役作りの秘話も飛び出しました。

 本作の見どころについて「千代ちゃんは、厳しいものを跳ね返すのではなく、背負ったまま、それでも前へ進んで行きます。そのパワーとバイタリティーに元気をもらえるんです。私自身も元気をもらっているし、たぶんハナさんももらっていると思いますね。登場人物一人一人の面白さと、お芝居の魅力を、ぜひ皆さんに感じていただきたいです」と語ってくださいました。

 最後に、宮田さんが絶賛する共演者の方々を紹介します。

① 毎田暖乃/幼少期の竹井千代

「千代の幼少期を演じた毎田暖乃ちゃんは、ずしっと構えています。一緒に演技をしているとかばってくれるし、手を差し伸べていたわってくれるし、セリフを忘れたらポンと言ってくれるし、なかなか頼もしいですよ(笑)。緊張していると言っていたけど、あんまり緊張してなさそうでしたね(笑)」

② 杉咲花/ヒロイン・竹井千代

「もう関西の言葉が完璧! 私は神戸の人間ですが、それでも台本の言葉って大変なんです。方言指導の先生に注意されることもしょっちゅうです。なのに杉咲さんが完璧なので、頭が下がります」

③ 東野絢香/ハナの孫・岡田みつえ

「ハナさんの孫・みつえちゃんは、天真らんまんで、良い子に育ったなって感じなんですよ。演じられている東野絢香さんも、すごく伸び伸びした素直な方です」

④ 井川遥/千代が憧れている女優・高城百合子

「新劇の女優・高城百合子さんを演じられている井川遥さん。欄干に座っていらっしゃる姿が、それはまあ美しかったです(笑)。それだけで、この人が舞台に立ったらすてきだろうなと思いました」

第4週あらすじ(12月21日~25日放送)

 千代(杉咲)が奉公に出て8年がたったある日、突然、父・テルヲ(トータス松本)が現れます。その頃、一平(成田)と須賀廼屋千之助(星田英利)の天海一座が道頓堀に戻って来て、千代と一平は再会。一方、テルヲは借金返済のために、娘を別の店へ奉公に出そうとします。千代が拒否をすると、借金の取り立て人は「岡安」へ嫌がらせを開始。千代は、店を出ようと決意しますが…。

【番組情報】

連続テレビ小説「おちょやん」
NHK総合 月~土曜 午前8:00~8:15ほか
NHK BSプレミアム・BS4K 月~土曜 午前7:30~7:45ほか
※土曜は一週間の振り返り。

NHK担当 M・I

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.