Feature 特集

「SONGS OF TOKYO Festival 2020」“大人なNEWS”を衣装で表現。歌で勝負する演出とは!?2020/11/01

 関ジャニ∞の村上信五さんがホスト(司会)を務め、日本の音楽を世界に発信している「SONGS OF TOKYO」(NHKワールド JAPANほか)の年に一度のフェスティバルが、10月に開催されました! 4回目となる今年は、日本のトップアーティストが“音楽のチカラ”を信じて、新型コロナウイルスと闘う世界へエールを送ることに。海外でも人気を博す日本のアーティストたちが、東京・渋谷のNHKホールで、全世界に向けてどんなパフォーマンスを見せたのでしょうか。

 11月1日の放送に、4年連続で出演しているNEWS(小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久)が登場。これまで、合唱団と一緒に「U R not alone」を歌ったり、「SEVEN COLORS」を外国人と合唱したり、大勢でパフォーマンスをしてきました。また、昨年はコンサートで行った演出も披露! 前回、スタジオで見ていたドイツ人男性が「ゲームの中に入り込んだ演出がすてきだった」と絶賛するなど、日本の魅力を表現してきたのが印象的ですよね。そんな彼らが、今年、無観客の中でどのようなステージを披露するのか期待が高まります。

 最初に披露した楽曲は、新たな一歩を踏み出す人へ向けた応援歌「カナリヤ」。増田さんの力強い歌声から始まり、Bメロは小山さんが主メロ、加藤さんが上ハモと3人の声色が特徴的です。続いて、「希望~Yell~」と「weeeek」のメドレーを披露。小山さんはコンサートと同じく「ジャンプ! ジャンプ! ジャンプ!」と盛り上げました。すると、オンラインで参加していた外国人ファンも、画面の中で一緒にジャンプ! 無観客でもファンと一緒に楽しんでいた様子が印象的でした。

 さらに、増田さんが主演した連続ドラマ「レンタルなんもしない人」(テレビ東京ほか)の主題歌「ビューティフル」を熱唱。ここでは、増田さんの意見が取り入れられた演出が見どころです。世界中に「美しい」という言葉が届けられました。最後はメッセージ性の強い「『生きろ』」を。3人での歌唱とあり、強い決意を感じました。

 MCの冒頭では、加藤さんが英語であいさつと自己紹介を。オンラインで観覧している外国人からリアクションをもらうと、小山さん、増田さんも「伝わって良かった」と一安心。今回のパフォーマンスの感想や海外からの反響など、楽しいトークから今の時代ならではの深いトークまで繰り広げられました。そんなMCの様子を少しだけ紹介します。

無観客のステージについて

 コ・ホスト(共同司会)のホラン千秋さんは「最後に披露した『生きろ』が今の時代にピッタリ」とコメント。増田さんは「言葉では言いづらくても、歌でメッセージを届けたい」、加藤さんは「心の距離を意識して、音楽で近づけたら…」と魅力を語りました。

衣装のテーマは“大人なNEWS”

 コンサートの衣装を担当している増田さんが、「SONGS OF TOKYO」オリジナルの衣装を製作。一見、シンプルな黒のスーツに見えましたが、左袖がキラキラと輝いていました。実は、ラインストーンで「SONGS OF TOKYO」と刻まれています。増田さんは「“大人なNEWS”を表現しました」と笑顔で左腕を見せてくれました。

毎年恒例!? 誰のファン?

 今回はフランス人女性とペルー人女性にインタビューし、NEWSの魅力を語ってもらいました。そして、毎年恒例の質問!? 好きなメンバーを聞くことに。2人に聞くということは、1人が落選!? 意外な展開に村上さん、ホランさんもビックリ! 3人が一喜一憂する姿は必見です!

 最後は、小山さんが英語を交えたメッセージを届けて締めくくりました。パフォーマンスとMC終了後、3人に話を伺いました。

ページ: 1 2 3

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.