Feature 特集

「SONGS OF TOKYO Festival 2020」世界でも活躍中のPerfumeがデジタル映像で海外ファンを魅了!2020/11/01

 関ジャニ∞の村上信五さんがホスト(司会)を務め、日本の音楽を世界に発信している「SONGS OF TOKYO」(NHKワールド JAPANほか)の年に一度のフェスティバルが、10月に開催されました! 4回目となる今年は、日本のトップアーティストが“音楽のチカラ”を信じて、新型コロナウイルスと闘う世界へエールを送ることに。海外でも人気を博す日本のアーティストたちが、東京・渋谷のNHKホールで、全世界に向けてどんなパフォーマンスを見せたのでしょうか。

 11月1日の放送に、今年で結成20周年のPerfumeが登場。これまで4度のワールドツアーを成功させ、昨年は世界最大級の音楽フェス「Coachella 2019」に出演するなど、世界でも大活躍の彼女たちは、「TOKYO GIRL」「だいじょばない」「Time Warp」の3曲を披露しました。

 MCに入ると「I’m KASHIYUKA. I’m a-chan. I’m NOCCHi. We are Perfume!」と英語バージョンであいさつをし、海外で活躍している姿を目の当たりにできました! 村上さんから、今年2月の東京ドーム公演の開催中止について聞かれると、あ~ちゃんは悔しそうではありましたが、「開催中止を決断したことで、大切な人を守ることもできた」と答え、前を向いて進んでいる様子がうかがえました。また、かしゆかさんは「このような状況になる前から、私たちはデジタルで配信するパフォーマンスをよくやっていたので、寂しいという思いよりは、よりクオリティーが高くて、自分たちの表現したい世界を広く見せられるのかなと感じました。つながり合えることが多くなって、心が温かくなりましたね」と語っていました。

 さらに! 村上さんも行ったというコーチェラ・フェス2019での面白いエピソードや、リハーサルができなかった珍事件も明らかに!? ワールドならではの世界規模のトークに花が咲きました。また収録では、フィリピン人女性とカナダ人男性にインタビュー。英語でスラスラと会話をしている3人がとても印象的でした。

 最後に、あ~ちゃんが「今日は本当にありがとうございます。私たちの方がめちゃめちゃ元気になりました! こういうふうにステージに立てることが当たり前じゃないんだなと再確認させてもらうことで、自分たちのパフォーマンスへの愛も深まって、すっごい練習したり、毎日の行いを見直してみたり、自分たちのスキルアップにつながっているなと思います。コロナ禍で大変ですが、大きく変わるチャンスだと思うので、私たちももっとパワーアップして、皆さんと会えるのを楽しみにしています」とメッセージを届けて、締めくくりました。

 Perfumeの皆さんは、パフォーマンス後、インタビューにも答えてくださいました。3人の温かくて楽しい雰囲気を、ぜひ感じてください。

1 2



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.