Feature 特集

玉森裕太、次は産婦人科へ! “おなかの子の父親が2人!?”の謎を解き明かす――「祈りのカルテ」第3話2022/10/22

 玉森裕太さん主演の「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」(日本テレビ系)。玉森さん演じる研修医の諏訪野良太が持ち前の空気を読む力と人に寄り添う力を生かして、患者から聞いた話や病状が記載されたカルテから患者が抱える秘密や謎を優しく解き明かすハートウオーミング・ミステリードラマです。

 ひと月ごとにさまざまな科で研修を行う諏訪野たち。先週放送の第2話では外科で研修を行い、胃がんを患う老齢の患者・近藤玄三(伊武雅刀)を担当することに…。最初は手術にも前向きだった近藤ですが、後日突然「これはがんじゃない」と手術を拒否。そしてまた後日、リスクの大きな開腹手術なら受けると意見を二転三転させる近藤に疑問を感じた諏訪野に、周囲は「民間療法の業者に何か吹き込まれたのかもしれない」と言いますが、これまでの発言とカルテから、諏訪野は保険会社の男性が関わっていることを突き止めます。そして近藤が意見を変えた裏に「自分の保険金を孫の進学資金に当てたい」という思いがあることを解き明かし、無事近藤は手術でがんの患部を取り除くことに成功したのでした。

 長時間の手術というハードワークをこなす外科にぐったり気味だった諏訪野も、最後には「外科っていいですね」とにっこり。しかし、公開している第3話のPR動画では、病院中を走り回り、さらに強烈(?)キャラの産婦人科の指導医・木佐貫英子(斉藤由貴)と精神科の立石聡美(松雪泰子)に挟まれて、オロオロする諏訪野の姿が…。そう、次の研修先は「産婦人科」です! 

10月22日放送・第3話「産婦人科」

 

 初期研修9カ月目の諏訪野は元ヤンとうわさの指導医・木佐貫の下、産婦人科で研修を受けることに。想像以上にハードな仕事に追われ息つく暇もない日々の中、妊娠25週目の切迫早産の患者・小野文香(矢田亜希子)が運ばれてきます。翌日、文香の病室に、病院から連絡を受けた夫・正和(森田甘路)が駆け付けるも、「離婚したんです、私たち」「あなたとは何の関係もない」と冷たく言い放つ文香。そこに、文香と半年前から交際していると言うスーツ姿の男・岡田俊一(内藤秀一郎)が現れ…。4カ月前に離婚した夫と半年前から交際している恋人――文香は父親がどちらか答えない上に、すべての検査を拒否。さらには「退院させてくれないなら帝王切開してほしい」と言い出す始末。おなかの中の赤ちゃんの父親は? 文香が検査を拒否し、出産を急ぐ理由とは? 出産をめぐる謎を今回も諏訪野が優しく解き明かします。

 一方、諏訪野の同期研修医の曽根田みどり(池田エライザ)が気に掛けている入院患者の四十住沙智(豊嶋花)にも春が到来。外科に入院している男の子の後をコソコソと付け回す沙智の姿を見たみどりは、沙智が彼に恋心を寄せていることに気づき…。第1話から描かれ、回を重ねるごとに段々と変化していくみどりと沙智の関係性、そして研修医仲間との関係性も本作の注目ポイントです!

 番組公式ホームページとYouTubeの日テレドラマ公式チャンネルでは、今夜放送の第3話の先出しメーキング映像(https://www.youtube.com/watch?v=fVR8MVKTc8I)も公開! 第2話の振り返りメーキング映像と合わせてチェックして、今夜の放送に備えてみてはいかがでしょうか?

【番組情報】

「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」
日本テレビ系
土曜 午後10:00~10:54

日本テレビ担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.