News ニュース

池田エライザと矢本悠馬が同期研修医役で「祈りのカルテ」で玉森裕太と共演2022/08/24

 池田エライザと矢本悠馬が、日本テレビ系で10月スタートの連続ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」(土曜午後10:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 Kis-My-Ft2の玉森裕太が主演を務める本作は、現役の医師でもある作家・知念実希人氏によるシリーズ累計17万部を突破したベストセラー「祈りのカルテ」が原作。患者のすべての情報が書き込まれた診療録=カルテを基に、研修医・諏訪野良太(玉森)が研修先のさまざまな科で「人の顔色を読む」という特技と、カルテを読み解くことによって、それぞれに問題を抱えた訳ありの患者たちと真摯(しんし)に向き合い、彼らの抱えた秘密を見破るハートウォーミング・ミステリーだ。

 池田と矢本は、諏訪野の同期研修医コンビとして登場。2人と諏訪野は、同じアパートに住んでおり、病院だけではなくプライベートなシーンでの3人のやり取りにも注目となる。池田演じる曽根田みどりは、同期一優秀で、プライドが高く気も強い医学オタク。何かと研修医仲間の血を採って調べようとすると変わった一面もある外科志望の研修医だ。

 作品について、池田は「このドラマには天才が誰一人出てこなくて、みんなどこか人間らしい未熟さや不完全さを抱えた普通の人たちです。そんな医者たちがそれぞれのやり方で患者に向き合い、心の謎を解き明かすことで彼ら自身も成長していきます。人と人との心のつながりを描いた、温かい気持ちになれるドラマだと思います」と紹介。

 演じるみどりに関しては「成績はすごく優秀なんですが、完璧主義を追い求めるがゆえに余裕がなかったり、手際がいいように見えて、実はすごく遠回りをしていたり…どこか不器用な面も持ち合わせている女性」と表現し、「彼女の人間らしくて、愛らしい部分をたくさん見つけてお届けできたらなと思います。患者さんと関わっていくことによって彼女がどう変わっていくのか、私自身も楽しみです」と、クランクインへ向けての心境を語った。

 また、矢本演じる裕也は、医師としての仕事だけではなく、合コンや趣味にも勤しむリア充で現実主義の“ザ・イマドキ”研修医。優秀な外科医の父を持ち、幼い頃から医者になるのが当たり前だと思い、なんとなくそのまま医者になったという役どころ。

 「医師役はいつかはやってみたい役の一つだったので、白衣に初めて袖を通した時にテンションが上がりました」と喜ぶ矢本は、「僕の演じる裕也は諏訪野の親友であり、医者の家に生まれて、なんとなく医者になってここまで来ました。僕も俳優になることが将来の夢だったわけではないこともあって、裕也の“なんとなくさ”みたいなものは少し分かります。自分の夢じゃないことでも、そうじゃないなりに向き合い続けていくことで、それが自分の人生にとって大事なものに変わっていくことだってあるなとも感じていて、彼にもそういうことが起きたりするのかな、なんて考えたりしています。」と役の印象を口にする。

 そして、「裕也は普段はふざけているように見えますけど、自分が与えられた仕事に対しては誠実に、手を抜かずに、一生懸命向き合えるやつです。演じていく上で、そこのギャップを大切にしていければと思っています」と意気込みを伝えている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.