Feature 特集

「初恋の悪魔」悠日の兄の死の真相、“ヘビ女”の過去――さまざまな謎が交錯する第6話、今夜放送!2022/08/20

 停職中の刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)、総務課職員・馬淵悠日(仲野太賀)、生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)、会計課職員・小鳥琉夏(柄本佑)という、警察署に勤めながらも捜査権がない4人が難事件を解決するミステリアスコメディー「初恋の悪魔」(日本テレビ系)。

 「凶悪犯罪を起こすのでは」と疑っていた、安田顕さん扮(ふん)する隣人の森園真澄に地下室に閉じ込められた鈴之介。誰かを監禁していた地下室の様子に、5年前に起きた15歳の少年が行方不明になり「どこにいるのか分からない。地下室みたいなところにいる」という言葉を残した後、遺体で発見された事件について語り始めた森園に対し、鈴之介は現在住んでいる自宅は椿静枝という女性から譲り受けたものだと告げます。地下室に残された手帳から、唯一心を許した女性の本心を知った鈴之介。一方で、鈴之介が音信不通になっていることを心配し、鹿浜邸にやってきた悠日、星砂、琉夏も、鈴之介の部屋から椿の手記を発見し……。

 鈴之介が「僕が怖いのはシャンプートントン…」と明らかに怖がっているのに強がったり、第4話のラストで悠日に突き飛ばされて階段を転がるように落ち、視聴者を1週間ハラハラさせた境川署署長の雪松鳴人(伊藤英明)が無傷でモリモリとご飯を食べていたり、地下室の怖さを紛らわすために鈴之介が「おばけなんてないさ」を大声で歌ったりとツッコミどころ満載な序盤から、鈴之介の苦く切ない過去、そして助けに来た悠日たちと友情を深め、カラオケで「CHE.R.RY」を熱唱した終盤と濃密すぎる内容に、SNSでは「1時間とは思えない」「映画を見ているようだった」などの声も。カラオケでの4人があまりにも楽しそうな一方で、どこか切なく、「この幸せな時間がずっと続けばいいのに」と願わずにはいられませんでした。

 しかし第5話ラストで、兄・朝陽(毎熊克哉)が殉職した時に持っていたスマートフォンを雪松に渡そうとした悠日の手からスマホを奪い取り、走り出した星砂。さらに刑事に復職した鈴之介は、東京出張中に“ヘビ女”と呼ばれる星砂のもう一つの人格“セスナ”と出会います。星砂は朝陽の事件と関わりがあるのか? 謎が深まる第2章が今夜幕を開けます!

森園が語った5年前の中学生の殺害事件 その裏に隠されたものとは?

 森園から、鹿浜邸と同じ地区で5年前に中学生が殺害された事件の詳細を聞かされる鈴之介。犯人はホームレスの男性とされたが、中学生は行方不明中に「地下室にいる」というメールを送っており、殺害された遺体には十数カ所に及ぶ刺し傷があったという。実はその事件の被告人の弁護をしていた元弁護士である森園は、鈴之介に「真犯人を捜したいんです。力になってもらえませんか」と協力を依頼します。元弁護士の森園を雪松が「森園先生」と呼ぶ間柄であることは第5話で明らかとなりましたが、この事件の裏にはどんな真実が隠されているのでしょうか? そして事件の真犯人とは? 物語は後半に差し掛かりますが、謎はさらに深まっていきます。

星砂とセスナ――二つの人格が生まれた過去の出来事が明かされる 

 東京で鈴之介に出会ったセスナは少しずつ鈴之介に心を許し、16歳で家出し東京に出たこと、そこで出会った淡野リサという女性に救われたことなど、自分の過去を語り始めます。さらに、セスナが姉のように慕っていたリサが、朝陽が殉職したとされる事件に深く関わっていたことが判明し…? 物語最大の謎の鍵を握るリサを満島ひかりさんが演じることは先日発表されましたが、演技派キャストたちの中でどのような演技を見せてくれるのか、登場が今から待ち遠しいです。

【番組情報】

「初恋の悪魔」
日本テレビ系
土曜 午後10:00~10:54

日本テレビ担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.