Feature 特集

向井理×北村有起哉の爆笑対談!「先生のおとりよせ」過酷すぎた撮影現場とは!? 向井「先輩ですけど、戦友という感じです」北村「本当に刺激的な日々でした」2022/04/22

 向井理さん演じるド Sで不愛想な官能小説家・榎村遥華と、北村有起哉さん扮するドMでフェミニンな漫画家・中田みるくが共通の趣味である“おとりよせ”を一緒に堪能していくさまを描く「先生のおとりよせ」(テレビ東京ほか)。正反対の2人が、いつもは言い争いをしているものの、おとりよせを堪能する時には一致団結するそのギャップも見どころとなっています。また、毎回登場するいろいろなジャンルのおいしそうな絶品の数々に、思わず注文したくなる方も多いのではないでしょうか?

 ということで今回は、向井さんと北村さんを直撃取材。撮影時の驚きのエピソードや、それぞれが演じた役柄について、またお二人の共通点などを、和気あいあいとした雰囲気の中でたっぷりお話しいただきました。“おとりよせ”にちなみ、布にくるまれた2ショットと併せてご覧ください!

――本作でバディを組まれての撮影はいかがでしたか?

北村 「あっという間でしたね」

向井 「本当にあっという間で、よくこの期間で撮影できたなぁと。毎日すごくタイトでしたよね。その日の天気も分からないようなところで…」

北村 「軟禁状態ね(笑)」

向井 「水分と食料が用意されていて、これでもかと言わんばかりの膨大なセリフがあり…(笑)。だから、北村さんとは、年齢差もあって先輩ですけど、戦友という感じです」

北村 「本当に刺激的な日々でしたね。僕も、『向井くんに負けてられないぞ。俺も俺で頑張んなきゃ』と真っすぐな思いで臨めました(笑)」

――撮影状況が過酷だったからこそ、お二人の絆も深まったんですね。

向井 「でも、本当に楽しかったですね。セリフ量は多かったですけど、総じて楽しかったなと」

北村 「楽しかったね!」

――北村さんは、本作で演じる中田の設定である“フェミニン男子”の演技が難しいとコメントされていましたね。

北村 「そうなんです。でも、演じることに正解はないと思っているので。『これが、今僕ができる演技です』という潔さを持ちつつ、開き直って演じさせていただきました。あとは、思い切りのいい表現をした方がいいと思うので、そのあたりは迷いなくやらせていただきましたね」

――原作のキャラクター以外で参考にされた人物などいらっしゃったのでしょうか?

北村 「周りの人たちに、『この人を参考にしてみたらどう?』とアドバイスをもらったりもしたんですけど、それを演じるとなるとなかなか難しかったので、僕なりに勝手に人物像を考えてみました(笑)。例えば、とても育ちがよくて、姉妹が多い家族で、愛情をたくさん注がれて育ってきたから、とにかく優しい人で…というイメージ。それが、結果的に“フェミニン”という言葉に近づいていればなと感じながら、演じていました」

――向井さんは、そんな中田と対極の榎村というキャラクターを演じられましたね。

北村 「だいぶ荒んでいるよね(笑)」

向井 「演じるのは楽でしたよ(笑)」

北村 「(爆笑)」

向井 「でも、榎村は中田とは真逆の家庭環境なんですよね。少しずつ彼の過去の話も出てきますが、家族が忙しくてあまり構ってもらえなかったという生い立ちがあったりするので、中田とは対極にいるんじゃないかなと。もちろん、家族からの愛情がなかったわけではないと思いますけど、物理的な距離感がある中で育っていったので。相手に構ってほしいからひどいことを言うという…好きな女の子に思わず何か言ってしまうような人物というイメージを持っていましたね」

――そういったイメージを意識されながら演じられたんですね。

向井 「そうですね。やっぱり2人一緒のシーンが多いので、単に悪口だけ言い合っていると、それは本当に破綻している関係になってしまうので(笑)。榎村はかわいげがないところもありますが、『この人はこの人でかわいそう』と愛着を持って見てもらえるようにということを念頭に置いて、セリフの言い回しや目線の動かし方を意識して演じていました」

――お二人のシーンでは、掛け合いのテンポなども重要になったかと思うのですが…。

向井 「北村さんと一緒に演じていて感じたのは、お互いのことを意識しながら演じているから、いいテンポが生まれたんじゃないかなと。セリフに意識を集中しすぎると、自分の演技しかできなくなったりすることも結構あるのですが、相手がいてくれるからこそできた芝居があったと思うので。北村さんがいてくださったから、ここまでやれたのかなと思いますね」

――そのように撮影された掛け合いのシーンも大きな見どころですね。では最後に、作中では2人が“おとりよせ”という共通の趣味を通じて徐々に心を開いていきますが、向井さんと北村さんの間で何か共通点があれば教えていただけますか?

北村 「僕が感じている共通点は、趣味はないけど、お酒が好き!」

向井 「そうですね(笑)」

北村 「そして家庭を大切にしている」

向井 「それはあえて言わなくても…(笑)」

北村 「いいじゃんか!!(笑)」

向井 「僕は1人でここまで来ましたから…」

北村 「うそつけ!!(笑)」

向井 「まぁでも、お酒は家で飲むタイプです。安く済ませたいから!」

北村 「(笑)」

【プロフィール】

向井理(むかい おさむ)

1982年2月7日生まれ。神奈川県出身。みずがめ座。O型。主な出演作に連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(NHK総合ほか)、ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)、ドラマ「婚活探偵」(BSテレ東)など。現在放送中のドラマ「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」(日本テレビ系)に出演中。

北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日生まれ。東京都出身。おうし座。O型。主な出演作に連続テレビ小説「わろてんか」、「エール」、「半径5メートル」(ともにNHK)、「アンナチュラル」(TBS系)、「ムショぼけ」(ABCテレビほか)など。ミュージカル「夜の女たち」が9月3日から上演予定。 

【番組情報】

ドラマ25「先生のおとりよせ」 
テレビ東京ほか 
金曜 深夜0:52~1:23

取材・文/鬼木優華(テレビ東京担当) 撮影/蓮尾美智子 
ヘア&メーク/園部タミ子(向井)、石邑麻由(北村) 
スタイリング/外山由香里(向井)、冨田しおり(北村)  衣装協力/Opticien Loyd(北村)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.