Feature 特集

29歳女子のリアルな婚活! 堀田茜×瀧本美織×筧美和子×Nikiが恋愛や結婚観を語る女子会に潜入「ピーナッツバターサンドウィッチ」インタビュー2020/03/30

理想だけじゃない、現実的な描写も。4人の結婚観に変化は?

──この作品を演じる前と、実際に演じた後では、結婚に対するイメージに変化はありましたか?

堀田 「私は、『今すぐ結婚したい』といった結婚願望があるというより、まだ仕事を全うしたいと考えていたんです。バリバリ働いていたらもう29歳になっていて、周りはもう結婚して子どもを産んでいて、自分だけ1人取り残されたような気持ちになって…。そんなキャラクターの沙代を演じたことで、今が27歳なので、2年後の自分を見ているような感じになりました。もっと結婚に対して積極的にならないと、“幸せ”ってつかめないのかな?って(笑)。この作品は結婚に対して理想だけじゃなくて、すごくリアルに捉えている部分もあるので、私ももっと現実的に捉えなきゃいけないのかなって感じました」

瀧本 「私は、結婚や出産を早めにしている地元の友達が多くて。でもどこか他人事というか、『自分はまだ先かな~』とすごく大ざっぱに捉えていたんですけど、この作品に出合って、29歳って自分の年齢ともそんなに変わらないし、そんなに悠長なことを言ってられないのかもしれないなと思い始めました。今は、自分が大好きな人と巡り合って、すてきな機会とタイミングがあったら(結婚を)したいなって思います」

 「私は、子どもの頃は当たり前かのように『いつかお嫁さんになりたい』って言っていたんですけど、今は世の中的にもいろんな生き方がある時代ですよね。結婚というもの自体をちょっと考え始めて、自分なりの解釈ができたらいいなと思っていたんですけど、してない時点では全然分からなかったんです。この作品に出合ってからも、結婚に対する想像は膨らむんですけど、自分がしたいかどうかはなかなか明確にはなっていなくて…。でも、考える時間はすごく増えた感じがします。みんなともそういう話をしながら、結婚に対して自分なりにもっと知っていけたらいいなという気持ちです」

Niki 「私はまだあんまり結婚を意識していないというか、できるだけ遅くしたいくらいにずっと思っていて(笑)。結婚すると自分の自由だけでは動けなくなる部分も出てくると思うので、もっと友達との時間とか、旅行とか、海外に住んで、日本に帰ってきてから結婚するのもいいかなーとか、そんなふうに考えていたんです。それがこの作品に出演させていただいてからは『なるべく遅くしたい』ってタイミングで決めるんじゃなくて、結婚したい相手に出会った瞬間が結婚の時期なのかなーって。結局は、誰と出会うかなのかなって感じました。まだその出会いはなさそうなんですけどね(笑)。その瞬間が楽しみです」

堀田 「もしかしたらこの作品で火が付いて、オンエアが終わった頃に1人くらい結婚してる人がいるかもしれないね(笑)」

一同 「(笑)」

瀧本 「早い!(笑)」

堀田 「『もう!?』って(笑)」

ページ: 1 2 3 4

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.