Feature 特集

「となりのチカラ」今夜最終回! タイトルに隠された真実が明らかに2022/03/31

 困っている人がいたら気になって仕方なく、声を掛けようか掛けまいかと悩み、中腰になってしまう主人公・中越チカラ(松本潤)が、同じマンションの住人たちが抱える問題を解決していく社会派ホームドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)が今夜最終回を迎えます!

 妻の灯(上戸彩)の家出を機に、自分の家庭の問題と向き合い、自分なりの答えを導き出したチカラ。そして、お隣さんの問題について「もう何もしない。首を突っ込むのも、おせっかいもやめる」と告げた直後、マンションの火災報知器が鳴り響き、マンションが騒然。その原因は、603号室に越してきて以来、何かと問題を起こし続けていた“トラブルメーカー”の小日向(藤本隆宏)。ボヤ騒ぎを起こした小日向に対し、道尾頼子(松嶋菜々子)ら住人たちは理事会を開いて話し合おうと息巻きますが、チカラは「今後は余計なおせっかいはしない」と灯に告げます。

 しかし、小日向の問題行動は自ら命を断とうとしていたためだと知り、母を亡くして父が自殺した過去を持つチカラはなんとか小日向を救いたいと考えるように。それは、チカラが自分の過去と向き合う行為で――。人におせっかいを焼く大きな理由になっているチカラの過去ですが、そんな過去とチカラがどのように向き合っていくのでしょうか? 

 仕事が見つからず在留資格も切れるためベトナムに帰ることを決めたマリア(ソニン)と、そんなマリアに思いを寄せる上条知樹(清水尋也)の関係にも変化が。ためらってばかりの知樹に、チカラはしっかりと思いを伝えるようアドバイスします。そして、孫の教育方針を巡って娘とケンカした頼子、祖母の清江(風吹ジュン)が施設に入り寂しさを抱える柏木託也(長尾謙杜)、夫の学(小澤征悦)の元を去った木次達代(映美くらら)らも自らの思いに区切りをつける時がやってきます。

 同じマンションの住人たちが抱える問題に首を突っ込み、解決…とはいかないものの、声を掛けることで住人たちの孤独や不安に寄り添い、心を少し軽くしてくれる中越チカラ。心温まるフィナーレをぜひご覧ください!

【番組情報】

「となりのチカラ」
テレビ朝日系
木曜 午後9:00〜10:09

テレビ朝日担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.