Feature 特集

健太郎改め伊藤健太郎、「今日から俺は!!」撮影現場で誕生日をお祝い!2018/06/30

 本日、6月30日に21歳の誕生日を迎えた健太郎さん。10月期に放送される連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で自身が演じる伊藤真司と同じ名字の、伊藤健太郎に改名することが発表されました。今回は、ドラマの撮影現場を直撃取材し、そこで誕生日をお祝いされたばかりの伊藤健太郎さんに、改名することになったきっかけや、「今日から俺は!!」で演じる伊藤の魅力などを語っていただきました!

── 早速ですが、今回改名された理由やきっかけを教えてください。

「これから一生を懸けて俳優としてやっていくと決めたことで、本名の名字である伊藤を付けようと思ったこと、そして『今日から俺は!!』で伊藤真司役を演じるという、運命的なことを感じたからです。モデルとして仕事を始めた当初はローマ字でKentaroだったんです。それから今の漢字表記の健太郎で活動して、俳優を始めてからもそのままできました。ただ、俳優さんは大体名字があるじゃないですか。これから俳優としてやっていくにあたって、いつか名字を付けようかなということは考えていたので、タイミングとしてこの作品もありますし、20歳までを一区切りとして伊藤という名字でやっていきたいなと考えました」

── 改名することを伝えたことで、誰かから反応はありましたか?

「共演している太賀さんも、下の名前のみでやっているので以前からよく、名字をいつ付けるのか、付けないのかという話をしていたんです。ちょっと前にお会いした時に『名字を付けることになったんですよー!』って伝えたら、『裏切ったな!』『俺だってー!!』って返されました。だから太賀さんもいつか名字を付けるんじゃないかなと(笑)」

── 21歳を迎えて、挑戦してみたいことはありますか。

「プライベートでは趣味を見つけようかなと思っています。外に出るようなことが何か一つあれば、またいろいろ変わってくるのかなと思うので、アウトドア系で何か趣味を見つけたいです。仕事では、20歳では初めての主演作やラジオのパーソナリティー、写真集の発売などの初めてのことが多くて、学ぶことが多かったので、21歳はこれまで学んできたことを生かしていきたいなと思っています。そして、『コーヒーが冷めないうちに』の塚原あゆ子監督から言われたことがきっかけで、人を幸せにできる俳優さんになりたいと最近思うようになりました。8月には「『G 健太郎』写真展 ~改めまして、伊藤健太郎です。~」という写真展を開催するので、進化した僕を見にきていただけたらうれしいです。」

── 今回はまさに「今日から俺は!!」の撮影現場で祝ってもらうことができましたね!

「まさか今日だとは思っていなくて。すごくびっくりしたのもありますが、本当にこの現場のキャストもスタッフさんも皆さん愛のある方ばかりなので、そういう方々に21歳を祝ってもらえたのはすごくうれしかったです。」

── 主演の賀来賢人さん、そして福田雄一監督からはどのようなお祝いをされたのでしょうか?

「まあ、イジリですよね(笑)。賀来さんも福田さんも普段からとても良くしていただいているので、現場で、しかも現場の最中に皆さんにお祝いしていただけて、とてもうれしかったです」

── 現場の楽しい雰囲気もとても伝わってきました。

「今回の作品が、福田組に参加する初めての作品ですが、やっぱり笑いが絶えない現場という印象です。まあ、監督が一番率先して笑っているんですけど(笑)。それが良い形で現場の皆さんにも伝染しています。お笑いのシーンはとてもストイックにやっていらっしゃるし、その点でとても信頼を置いています。がっつりとしたコメディー作品を長い期間で撮るのは初めてなので、いろいろ学ぶことがあり、日々ちょっとずつ吸収しながらやっている感じです」

── 賀来さんと実際に現場で一緒にお芝居をしてみて、どのような印象をお持ちですか。

「賀来さんとは年齢がちょっと離れているんですよ。だけど僕と同じ高校生役ということで、いつもおじちゃん、おじちゃんっていじっているんです(笑)。賀来さんが出ている他の作品も見ていたので、今回ご一緒できてすごくうれしいです。この前、賀来さんから『シリアスな他の作品では健太郎と一緒に芝居できないよ。ずっと一緒に面白いことをやっているから笑っちゃうよ!』と言われました(笑)。それぐらい楽しくコメディーを作っているなということを日々感じています」

── 改名のきっかけにもなった伊藤真司というキャラクターの魅力を教えてください。

「早川京子(橋本環奈)と一緒にいる時といない時の振り幅がすごいんですよ。人格が変わるくらい違うんです(笑)。普段はすごく真っすぐだし、曲がったことがすごく嫌いです。けんかだけではなく、人付き合いなど全てに真っすぐに生きている男気あふれる人です。だけど京子といる時は、『伊藤なのに!?』と思わず言いたくなるようなデレデレ感が見えてきます。僕にはそれが愛くるしく見えて、そういった振り幅の広さこそが彼の魅力だと思います!」

── 役作りでスイッチが入るのはどのようなタイミングでしょうか?

「相棒ということもあって、現場に入って三橋貴志(賀来賢人)を見るとスイッチが入るというか、安心します。僕が先に撮影をしていて、後から賀来さんが来る時に、その姿を遠めから見ていると、どこか安心するんです。それがスイッチになっているんじゃないかと思います」

── 最後に、改めて伊藤健太郎としてやっていく意気込みをお願いします。

「今回、21歳になるタイミングで伊藤という名字を付けたのは、本名である伊藤健太郎で役者として一生やっていきたいなという気持ちが以前からありましたし、この『今日から俺は!!』という作品に巡り会えたことに運命を感じて、背中を押されたこともすごくあります。この作品に巡り会えて決心がついたので、そういう役に出会うことができてすごくうれしく思っています。これから俳優・伊藤健太郎として頑張っていきたいと思っているので、応援よろしくお願いします!」

 誕生日を迎えたことを機に、俳優として生きていくことを決め、伊藤という名字を付けることにした健太郎さん。これからより一層多くの作品に出演されることになるのでしょう。まずはその一歩となる「今日から俺は!!」で、伊藤健太郎さんの勇姿を目に焼き付けてください。10月からの放送が待ちきれません!

日本テレビ担当 Y・H

【プロフィール】 


伊藤健太郎(いとう けんたろう)


1997年6月30日生まれ。東京都出身。2014年に「昼顔~平日午後3時の恋人~」で俳優デビュー。主な出演作に「仰げば尊し」(TBS系)、「アシガール」(NHK総合)、「連続ドラマW 春が来た」(WOWOW)など。8月1~8日にGALLERY X BY PARCO(ギャラリーXバイパルコ)で、「『G 健太郎』写真展 ~改めまして、伊藤健太郎です。~」を開催予定。

【番組情報】

「今日から俺は!!」 
日本テレビ系 
10月スタート
日曜 午後10:30~11:25



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.