Feature 特集

「ムチャブリ!」片山友希がちょっとウザい後輩を好演中!「ウザキャラではあるんですが、柚の一生懸命さも大事にしてお芝居をしています」2022/03/09

 高畑充希さん演じるごく普通の会社員・高梨雛子が子会社社長に任命され、会社と共に成長していくドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系)。仕事はできるが生意気な部下・大牙涼(志尊淳)から思いを伝えられた雛子は、自分の気持ちが分からずにモヤモヤします。

 そんな雛子を社長に抜てきし、気まぐれのように無理難題を押し付けてきたカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)が窮地に追い込まれてしまいました。専務・葛󠄀原啓次郎(坪倉由幸)とライバル企業「野上フーズ」の御曹司・野上豪(笠松将)の策略で社長職を解任され、「リレーション・ゲート」を去ることに…。雛子の後任として浅海の秘書を務める水科柚(片山友希)はカフェで知り合った野上と交際していたのですが、利用されていたのだと知って落ち込みます…。

 これまで、明るくて一風変わった純粋さ、そして空気の読めなさで存在感を示してきた柚を演じる片山さんから、3月9日放送の第9話を前にコメントが到着!

 柚を演じるにあたって、片山さんは「もうちょっとウザくできないかなと思い、どうしたらいいだろうと考えた時に、手の動きをもう少し付けることで、ウザさも出て、ネイルや指輪もよく見えるようになりましたね」と意識しているそうです。それに加えて、「ウザキャラではあるんです が、もちろん柚の一生懸命さも大事にしてお芝居をしています」と明かします。確かに、特に序盤では絶妙なウザさが発揮されていましたし、良くも悪くも真っすぐな性格であることは伝わってきますよね! また、「第9話では雛子に謝る場面があるんですが、自分で言うのは変ですけど、そういう素直なところは似てるなって思います」と柚への共感を語る片山さん。

 現場の雰囲気については、「高畑さん、深山和湖役の山田(真歩)さん、佐々川知美役の夏帆さんとの撮影シーンでは、みんなで『女子会って楽しいよね』って話をしたり、お芝居上でも『女子同士で集まると楽しいな』って思いました」とコメント。主演の高畑さんの印象は「とても自分の意志がある方」だと言い、「ここはどうなんだろうとか、ここは違うかもと感じたら、ちゃんと自分の意見を伝えていらっしゃる印象があって、主役だと寝る時間もないくらいお忙しいと思うんですが、すごいなと」と感心しているそうです。それでも、「撮影以外のタイミングでは、『昨日何してたの?』とか普通に会話してくださるので、すごくリラックスした雰囲気の中でお芝居をさせてもらえてるんだと思います」と、いい空気感で撮影が進んでいる様子。

 ストーリーが大きく動く第9話の見どころを「浅海社長の素顔や野上との確執など、今までモヤッとしていた真相部分がだんだん明るみになっていくところにぜひ注目してほしいと思います」と紹介。そして、「このドラマは女性も頑張って働いているという世相とすごく合ってるんじゃないのかなと思っていますし、私も一生懸命芝居していますので、ぜひ最後まで見ていただけるとうれしいです」とアピール。

 第9話では、会社での立場を失った浅海が雛子の部屋に転がり込み、同棲生活を開始!? 浅海は社長業から退いたことで毎日を楽しむことができ、雛子も浅海との暮らしに心躍らせます。そんな中、雛子に思いを伝えた大牙も現れ…。3人の思いはどこに向かうのか? そして葛原が事業縮小に向けて動き出し、雛子たちの「リレーション・フーズ」も苦境に立たされます。一体どうなってしまのか、お見逃しなく!

【番組情報】 

「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」 
日本テレビ系 
水曜 午後10:00~11:00 

日本テレビ担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.