Feature 特集

大西流星演じる椿の知られざる過去が今夜明らかに…!?――「鹿楓堂よついろ日和」第3話2022/01/29

 テレビ朝日系にて現在放送中のドラマ「鹿楓堂よついろ日和」。都会の片隅にひっそりと佇む和風喫茶「鹿楓堂」を舞台に、小瀧望さん演じる店主でお茶担当のスイ/東極京水、料理担当のときたか(永江ときたか/葉山奨之)、スイーツ担当の椿(中尾椿/大西流星)、コーヒー担当のぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティノ/佐伯大地)が人生にちょっぴり疲れた人たちの心とおなかを満たす“癒やし系飯テロドラマ”の本作ですが、登場する料理やスイーツが本当においしそうですよね! 

 毎回おなかが鳴りそうになるのを押し殺しながら見ている筆者ですが(笑)、先週放送の第2話で登場したカレーと天丼、スイートポテトも本当においしそうでしたよね…! そして、そんな料理に舌鼓を打つ妻を亡くし定年退職して以来、家を出る機会が少なくなっていた男性・桜田(津田寛治)と、時を同じくして店を訪れた会社員の柴野(ゆうたろう)。亡くなった奥さんを思い浮かべながらカレーを食べる桜田の姿に目頭が熱くなりました…。年齢も、境遇も全く違う2人が「鹿楓堂」で出会い、つながっていく――そんな姿に、放送後のSNSでは「温かい気持ちになった」「2人がおいしそうにご飯を食べる姿にも泣ける」「こんなお店が自分の家の近くにもあったら…」という声が寄せられ、視聴者にとっても癒やしの時間になっていることが分かります。

 抹茶のロールケーキを口に放り込み、満足そうなほほ笑みを浮かべる謎の男・角崎英介(白洲迅)が、「鹿楓堂にテレビに出てほしい」と持ち掛け…という展開で終わった第2話ですが、今夜、1月29日放送の第3話では、人とコミュニケーションを取ることが苦手な最年少の椿が、テレビ番組で角崎とスイーツ対決を行うことになります!

スイーツ対決を機に明かされる椿の過去とは…?

 2人のパティシエがテーマに沿ったスイーツで対決するバラエティー番組「スイーツコレクション」の仲介人だという角崎は、鹿楓堂のメンバーへテレビ出演を打診。「出演すればお店の宣伝になる」と大喜びのスイたちに対し、椿は顔を曇らせるばかり。実は、椿には人前に立ったり、誰かとコミュニケーションを取ることが苦手になってしまうきっかけとなった過去のある苦い思い出が…。しかしその後、椿を待ち伏せしていた角崎に挑発されたことで、番組出演を決意。そして収録当日、対戦相手として現れたのは仲介人と語っていた角崎で…!?

 そんな番組出演を機に、椿の知られざる過去が明かされていきます。鹿楓堂のメンバー以外には心を許さず、普段は厨房(ちゅうぼう)に引きこもっている椿。職人として確かな腕を持っているにも関わらず、さまざまなパティスリーや和菓子店を転々としていた椿が、なぜ鹿楓堂で働くことになったのか…。スイとの運命的な出会い、そして苦い過去を乗り越えて仲間となった椿を見守る鹿楓堂メンバーの姿が描かれ、今週も胸がいっぱいになること間違いなしです。第3話もハンカチ片手にぜひご覧ください!

【番組情報】

「鹿楓堂よついろ日和」
テレビ朝日系
土曜 後11:30~深0:00

テレビ朝日担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.