Feature 特集

佐久間宣行×橋本和明、東京03の地上波初冠コント番組で強力タッグ! 東京03と“スタア”の共演は「自主的に練習して全国大会を狙う強豪校の部活みたい(笑)」2021/10/17

――この番組の一報出しの際に大きな反響がありましたが、周囲からどんな声が届きましたか?

佐久間 「おぎやはぎとか劇団ひとりとか、03がここに至るまでの苦労を見ていた人たちはみんな本当に喜んでいますよ。矢作さんなんて橋本さんにね?」

橋本 「そう、『有吉ゼミ』の収録時にトイレで一緒になって、『本当、ありがとうね!』って矢作さんに言われて。『東京03って本当にかわいくてしょうがないから、ああいうことを佐久間さんとやってもらって本当にありがとう!』って。何の目線からの感謝が分かんないんですけど(笑)。『本当に愛されているんだな』と思いますよね」

佐久間 「ハナコとかかが屋とか、若い子たちも喜んでいますよね。自分たちが面白いと思っている先輩のことなので」

――そんな東京03の魅力をあらためて教えてください。

佐久間 「ずっとコントをやってきた人たちだから、年々面白くなってきているなって。そういう意味では、今の“東京03の一番面白い状態”をこんな豪華な座組でやらせてもらえるのがすごくうれしいし、東京03って本当に真面目でお笑いに誠実だから、一緒に仕事した人がみんな好きになっちゃうんですよね。それが日テレのスタッフにも伝わったらいいなと思いますね」

橋本 「伝わっていると思いますよ。『またやりたい』と美術も技術も制作のスタッフもみんな思っているだろうし、携わった人たちが東京03のファンになって帰っていく番組という感じはするし。普段の03さんが書いているネタとは違う役回りを、3人が楽しんでやってくれるのがすごくうれしいし面白いんですよね。僕はこれを何度か続けるように頑張るのが使命だと思っているんです。でも、これがちゃんとストックコンテンツとして繰り返し見たいものだと思ってもらえるんだったら、またやれるのかなと思っています」

佐久間 「またやれたらいいなと思うのは、今回はオークラさんとかう大さんとか、#3は根本宗子さんが書いてくれているけど、もっと若い劇作家の方とか、スケジュールの関係で書けなかった脚本家の方もいらっしゃるから、いろんな人が書く03のコントを見てみたいと思いますね」

橋本 「『こんな人まで出たんだ!?』という時までやりたいですよね。『こんな俳優さんとか女優さんまで!?』というような」

佐久間 「本当にそうですよね。今回の全4回を見ると、出たくなる人が多いんじゃないかなと思います」

橋本 「ぜひ、いろんな方に出たいと言ってもらいたいし、それをすぐ嗅ぎ付けてキャスティングできたらなって」

――付き合いの長い佐久間さんから見て、日本テレビでの東京03はどのように映りましたか?

佐久間 「いい意味で変わらないです。あの人たちはどの現場でも面白いものを作ろうと思って変わらないから、それがすごいなと思いました。日本テレビさんでなくても、あの人たちはあのぐらい練習してきたと思うし、若手と絡む時も今回のようなとんでもないスタアとやる時と変わらず練習してくるし、それは頼もしかった。逆にそれが、日本テレビさんのスタッフには新鮮に見えるだろうなと思いました。『あのくらいのキャリアでこんな練習するのか』って」

橋本 「本人たちが書き直した本や練習を見て、うちのディレクターとかもビックリしたと思うんですよね。それってすごくいい刺激だと思って。やっぱり一流のものには見えない水面下ですごい努力があるから、それを全部見ているわけではないんだけど、ちょっとでも垣間見たら『ちゃんとディレクションしなきゃ』とか思うだろうし。それが本当にいい経験だと思いますね」

――今後また「東京03とスタア」をやる機会があるとしたら、どんなバリエーションのコントをやってみたいですか?

佐久間 「ミステリーとコントとか見てみたいなと思います。もし、『東京03とスタア』が夏にできたら、ホラーとコントとか見てみたいし。あとは、今回もじんわりするというのはあるんですけど、最終的にかなり泣けることも見てみたいし。書く人によって全然違うだろうなと思うので、見てみたいものはたくさんありますね」

橋本 「渾身(こんしん)の一笑いだけというか、ずっと我慢して一撃の笑いとか」

佐久間 「10分間ほぼドラマみたいな感じで、後半めちゃくちゃくだらなくなるとかも見てみたいし」

橋本 「すごい長回しもあるかもしれないですよね」

佐久間 「あの人たちだったらできるんですよ、長回しが。ワンカットもできるだろうしね」

橋本 「確かに。そう考えると、まだやれることはいっぱいありますね。たぶん、最初の4回だとまず形や方向をちゃんと作らなきゃいけないんですけど、シーズンで続いていくと、『こんなことをやってみたい!』ということもできるから、続けるとそこがいいんだろうなと思います」

佐久間 「『東京03とスタア』が続けられたら、『有吉の壁』に出ている中堅のコント師と03が絡んでいるのも見てみたいなと思うし、逆に、橋本さんの番組の中に、東京03のあのコントのクオリティーで参戦するのも見てみたいなと思いますね」

橋本 「劇団ひとりさんとかおぎやはぎさんとか、いつか来てくれたらうれしいだろうし。夢は膨らみますね。いろんな人に書いてもらいたいし、いろんな人に出てもらいたいし。あとは、佐久間さんが、劇作家もそうだし、新しい才能を見ているなあと思うので、そういう人たちがどんどん出られる場所になれたらいいですよね」

――ファンとしても楽しみです。ありがとうございました!

 個人的にも楽しみな番組で、楽しい取材でした。第1弾となる今回は全4回の放送で、残すところ10月17日、24日のあと2回。今後もまた放送され、長い年月楽しめる番組になるといいですね! 光石研さんが出演する17日の放送も見逃せませんよ。劇作家・根元宗子さんの脚本、名バイプレイヤー・光石研×豊本さん扮(ふん)する豊美…お楽しみに!

【プロフィール】

佐久間宣行(さくま のぶゆき)
1975年11月23日生まれ。福島県出身。テレビ東京を経て、2021年よりフリーの演出家・プロデューサーに。現在は「ゴッドタン」「あちこちオードリー」(ともにテレビ東京系)を手掛けるほか、ラジオ「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)でパーソナリティーを務める。

橋本和明(はしもと かずあき)
1978年10月8日生まれ。大分県出身。日本テレビで企画・演出などを担当。バラエティーだけでなく、「でっけぇ風呂場で待ってます」などのドラマも手掛ける。現在の番組は「有吉ゼミ」「有吉の壁」「マツコ会議」など。

【番組情報】

「東京03とスタア」
日本テレビ 
日曜 午後1:45~2:15
※放送後にHuluにて配信、Tverなどでの見逃し配信あり

取材・文/K・T(日本テレビ担当)

固定ページ: 1 2



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.