Series 連載

金子大地☆若手実力派俳優が番組MCとして奮闘中!2021/04/21

 今年の2月にスタートした、独占のオリジナルインタビューや撮影現場潜入リポートを交えながら最新映画の魅力を紹介する番組「ムビきゅん」(TBS)。そんなレコメンド映画番組で、ドラマ「おっさんずラブ」(2018年)、「腐女子、うっかりゲイに告る。」(19年)など数々の話題作に出演する若手俳優の金子大地が、人気声優の内田真礼と共にMCに挑戦している。「初回は緊張でうまく話せなかった」と苦笑いをしていた金子に、2回目の収録終了後、自己採点をしてもらった。果たしてその自己評価や成果はいかに!?

――2回目となった今日の収録は、いかがでしたか。

「初回ほど緊張はしませんでしたが、今日もあまりうまく話せませんでした。僕は元々人前で話すことが苦手なので、カメラの前だと余計に緊張してしまって…。出演した映画の舞台あいさつでも、いつもしっかり話せないんです。この番組では、本当にいい訓練をさせていただいています(笑)。映画を見て“感じる”ことはできるのですが、それをちゃんと言葉として表現するのが難しいですね。それができるようになるのが今の目標です」

――10点満点だとすると、今日はMCとして何点くらいでしたか?

「4点くらいですね。前回も4点くらい(笑)。たった4回では進歩がない感じです。目標は、最低でも常に7、8点取れるようになること。調子のいい時に、満点が取れるくらいの状態になりたいです」

――周りからの反響はありましたか?

「まだ今の状態を見られたら恥ずかしいので、あまり周りに『ムビきゅん』を見てほしいと言っていないんです。ただ、見てくれた両親や友人は『大地にしては、ちゃんとしゃべれていたよ』と言ってくれました。でも、『もう少しちゃんとしゃべれないとね』とも言われて…(笑)。上手に話せるようになって、周りの人たちに『見てね!』と言えるようになりたいですね」

――台本にはセリフではなく「リアクション(をする)」とたくさん書かれています。家でリアクションの練習をしたりしていますか?

「全くしていないです。“ここで何かリアクションをするんだ”と思うくらい(笑)。やっぱり練習した方がいいんですかね。でも、練習してわざとらしい感じになるのも怖いし…。なので、今はだいぶ“素”でやっています」

――一緒にMCを務められている内田さんとの相性はいかがですか?

「まだ探り探りでやらせていただいている部分もありますが、内田さんがすごく優しくて、リードしてくれるお姉さんという感じの方なので良かったです。全部、僕がやりやすいようにしてくださっているというか…。その分、内田さんはやりにくいかもしれないですが(笑)」

――前回に続き、4月28日放送でも映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」(5月7日公開)を紹介する予定ですね。

「はい。この映画は、驚きの実話なんです。スキージャンプ団体で金メダルを取った選手たちの裏側で、縁の下の力持ちの人々の本当にすさまじい努力があったことを描いています。“その人たちあっての金メダルだ”というところに感動しますよね」

――「ヒノマルソウル~」では、MISIAが主題歌、MAN WITH A MISSIONが挿入歌を担当するなど、音楽の面でも話題になっていますが、音楽から作品を思い出すような体験もありますか?

「たくさんあります。僕、サントラが好きなんです。例えば、ジブリ作品も音楽と映画や映像が重なりますし、北野武監督作品のサントラも大好きです。つまりは久石譲さんが好きなんでしょうね(笑)」

――最近見た中で印象に残っている映画は何ですか?

「『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07年)が、いい意味でくだらなくて面白かったです(笑)。高校卒業間近の男子3人の、友情や恋愛、友達同士の嫉妬とか、すごくリアルに描かれていて、かわいくもあり切なくもあって…。笑いの要素が強い分、ちょっと寂しいというか、卒業の切なさも後に残るような映画でした」

――今後、番組にお迎えしてみたい、会ってみたい監督や俳優の方はいますか?

「いっぱいいらっしゃいますが、宮藤官九郎さんですね。映画『真夜中の弥次さん喜多さん』(05年/宮藤が監督・脚本を担当)とか大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(19年/宮藤が脚本を担当)とか、大好きな作品がたくさんあって。お話を聞いてみたいですし、僕も作品に出させていただきたいです(笑)」

――それでは最後に、番組のタイトルにかけまして、最近胸が「きゅん」とした出来事を教えてください。

「友達の子どもが生まれて、写真が送られて来た時に“すてきだな~”と胸がきゅんとしました。もちろん赤ちゃんもかわいいんですが、まだ若い友達がちゃんとパパをやっているということに対して、何だかきゅんとなりましたね。毎回、定期的に写真を送ってくれて、感慨深いものがあるんです。“自分とは違うステージに先にあいつが入ったのか”と思ったり…。最近の胸きゅんは、まさにそれですね!」

【プロフィール】

金子大地(かねこ だいち)

1996年9月26日、北海道生まれ。天秤座。A型。ダブル主演映画「猿楽町で会いましょう」が6月4日公開。「サマーフィルムにのって」が今年公開。他3本の公開が待機中。

【作品情報】

「ムビきゅん」
4月28日
TBS
毎月1回 水曜 深夜1:28~1:58

最新映画の「きゅん」と胸が高鳴るポイントを内田真礼と金子のMCで紹介。4月28日放送では、5月7日公開の映画「ヒノマルソウル~」出演の田中圭&山田裕貴&眞栄田郷敦のインタビュー映像をお届け予定!
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/moviekyun/

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2021年4月21日正午~4月28日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」4月30日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/折田千鶴子 撮影/Marco Perboni  ヘア&メーク/岩下倫之 スタイリング/九(Yolken)

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.