Series 連載

嵐が年末特大号の表紙に登場! 1万字インタビューで語る“嵐にとってのメンバー”2020/12/14

 年末が近づく中、年に一度のスペシャルなTVガイド・年末特大号が12月14日に発売になりました! 電子版は12月16日に順次配信されます。表紙を飾るのは嵐の皆さん。両面ピンナップ付き、1万字インタビューなど、豪華な内容をお届けします。

 今回のテーマは“ARASHI is in da House!”。皆さんがお部屋でくつろぐ、素の表情を収めました。

 撮影は表紙から行ったのですが…5人が並ぶと、5人を長らく撮り続けているカメラマンが思わず感極まり、それを見て思わず笑顔がこぼれる皆さん。終始温かい空気で、笑顔あふれる時間が流れます。その後もカメラマンの気持ちの高ぶりはたびたび訪れ、目頭が熱くなってくると櫻井翔さんは「(こんなこと)初めてだよ!(笑)」と。思い出話に華を咲かせながらの撮影となりました。

 白い家具で統一した部屋のセットでは、ソロショットやオール2ショットの撮影も行いました。まだ撮り終えていない二宮和也さんが「え? もう撮ったよ(笑)」ととぼけたり、松本潤さんが「俺、ソロカットまだだよ〜!」と教えてくれたり、にぎやかな撮影が続きます。大野智さん&櫻井さんの2ショットのタイミングでまたまたカメラマンが感極まると、「えっ、この2人何かあったっけ!?(笑)」と2人で顔を見合わせる一幕も。相葉雅紀さんは松本さんとの2ショットの時、それまで座っていたソファからゴロンと転げ、偶然松本さんの膝に収まる状態に! 爆笑する2人のカットも掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。

 さらに、ピンナップの撮影時には、松本さんが「ピンナップ!? ピンナップだって〜!」と皆さんに呼びかける姿もありました。ちなみに…ピンナップの裏面は当初ピンナップにする予定ではなかったカットだったのですが、皆さんの空気感がなんともすてきだったため、こちらにさせていただきました! 

 インタビューでは、“嵐にとって○○(メンバー)とは●●である”という構文にそれぞれ当てはめてもらいました。「嵐にとって大野智とは“精神的支柱”である」(櫻井さん)、「嵐にとって櫻井翔とは“伝えるための口である”」(松本さん)、「嵐にとって相葉雅紀とは“元気の源”である」(二宮さん)、「嵐にとって二宮和也とは“嵐全体をよく見てくれている人”である」(相葉さん)、「嵐にとって松本潤とは“嵐だけど裏方”である」(大野さん)などなど…。20通りの構文をお楽しみいただければと思います。そして座談会では、「アラフェス 2020 at 国立競技場」の裏話や、メンバーから見た“今年イケメンだった瞬間”など、たっぷりトークしていただきました!

 ほか、2016年4月に開始となった「VS嵐」公式連載「週刊VS嵐ガイド」は今号で最終回。最後は5人全員そろってご登場いただきました。「BABA嵐」のタキシードでキメた皆さんが、これまでの番組を振り返ります。ミニ対決はブラックジャックでBATTLE!! 勝負強いあの方が今回も魅せてくれます! 「VS嵐」はもちろん、「嵐にしやがれ」の収録リポートも。嵐メンバーが出演する番組のスケジュールと合わせて、年末のテレビ視聴のお供にしていただければ幸いです。

 最後となりますが、今年も1年、ご愛読ありがとうございました。未曾有の状況の中、毎週TVガイドをお届けすることができたのも、いつもTVガイドを手に取ってくださる読者の皆さまのおかげです。心より感謝申し上げます。2021年もたくさんのエンタメをお届けし、皆さまの1年が充実したものとなるお力添えができるよう、編集部一同精進してまいります。来年も変わらずご愛顧いただけますと幸いです。

 引き続き、TVガイドをよろしくお願いいたします。

(伊藤)

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.