News ニュース

嵐の「アラフェス」開催までの怒濤の日々に密着。二宮和也は相葉雅紀&風間俊介とジュニア時代を振り返る2020/11/19

 Netflixは、嵐の活動休止までの1年間を追うオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」の第18話「11月3日へ」を11月20日に、第19話「NINO’S Diary」と第20話「7年振りの国立競技場」を11月30日に、午後5:00から全世界独占配信する。

 11月3日は、嵐が生まれた特別な日。メンバーたちは新オリジナルアルバム「This is 嵐」のリリース、無観客開催となった「アラフェス2020 at 国立競技場」のライブPart1・2の配信、そしてそのライブへの前段として、生配信でファンと楽しむ“嵐会”を準備。第18話では、CDデビューして丸21年が経つこの日を、より特別な日にすべく全力で取り組む5人の姿が刻まれている。

 5人は、ニューアルバムのタイトル決め、収録曲のセレクト会議、リード曲「do you…?」のレコーディングやミュージックビデオ撮影、アルバムジャケット撮影と同時進行で、「アラフェス2020」のセット打ち合わせ、衣装合わせ、リハーサル、そして千葉・幕張メッセに仮設ステージを組んでの通しリハーサルと、連日怒濤(どとう)のスケジュールをこなしていく。

 さらに、打ち合わせでのメンバーの発言や提案をトータルな視点で取りまとめていく総合演出の松本潤、ラップ作成に勤しむ櫻井翔など、アルバム制作やコンサート準備の過程では、メンバーおのおののクリエーティブ面での役割を垣間見ることができる。中でも、大野智による振り付け創作に迫った映像は出色。大野が語る言葉のみならず、絵コンテのような図解、自身の頭の中を黙々と具現化していく様子は必見だ。

 続く第19話は、二宮和也の素顔に迫るソロエピソード。「僕は二宮和也」という本人のナレーションによる導入から“二宮節”がさく裂。“二宮和也”が“嵐の二宮和也”となり、今に至るまでが独自の切り口で描かれる。

 自らの運転で生まれ育った地元を巡り、当時の情景をナビゲート。ジャニーズJr.時代、同じ電車でレッスン場へ通った“総武線チーム”の盟友、相葉雅紀と風間俊介が駆けつけ、中華料理店で乾杯する。当時を振り返りながら、たわいのない話で盛り上がり、バッティングセンターへ赴いてゲームに興じる3人の、昔と変わらない関係性がほほ笑ましい。

 また、作詞・作曲、編曲、演奏まで1人で手掛ける楽曲制作について、二宮は「友達がいなかったから(笑)」と、1人ですべての楽器を演奏するようになった経緯を語り、自身が作曲を手掛けた嵐ライブのテッパン曲「ファイトソング」「エナジーソング」にも触れ、「嵐の作品に自分の名前がのっかってしまうことは、うれしさもあるけど、責任もある」と胸中を明かす。さらには、東日本大震災後すぐに作り始めたというソロ曲「どこにでもある唄。」への思いなど、当時のデモ音源も披露しながら、熱く語り尽くす。

 第20話は、5人が断腸の思いで延期し、無観客での実施を決断した「アラフェス2020 at 国立競技場」Part1とPart2、それぞれ内容の違う二つのライブのリハーサル、本番収録に密着。“嵐のエンターテインメント”がどれほどの覚悟で作られているのか、その舞台裏を追う。

 リハ初日のメインステージに立ち、会場を見渡すと「すげえ!」「いいね!」と写真を撮り合うメンバーたち。5人は雨が強く降る中、レインウエアを着込んでのリハーサルに挑み、本番収録のオープニングの舞台袖では、松本が「よし! 頑張ろうぜ」と声をかけながら、互いに固い握手を交わす。日が暮れていく空を感じながらのパフォーマンス、その“野外の国立”ならではの光景を感慨深げに見つめる5人の横顔が印象的だ。

 中継車や楽屋、ステージ上など、担当スタッフと入念に確認を重ねてライブを構築していく、演出を一手に担う松本の妥協を許さない姿勢が克明に映し出される。リハの合間には、事前収録に向かう心境と、「国立競技場からライブを届けること」にこだわる思いを口にし、11月3日当日にも、その配信をファンと一緒に見届けた5人が「アラフェスが終わって、11月3日も経て」の心情をリアルタイムで語り、すでに“次”を見据えるその決意も明かされる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.