News ニュース

「10年後にゴールデンタイムでやるって誰が予想できた!?」――放送直前の「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川コメント到着!2021/07/19

「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川

 HTB北海道テレビでは7月21日に「帰省なう あれから…」(午後7:00、北海道ローカル)がオンエア。札幌のローカル芸人から羽ばたき、「M-1グランプリ」ファイナリストとして49歳でブレークした錦鯉・長谷川雅紀の帰省に密着する内容で、長谷川は「まさかの10年後ゴールデンでうれしいです」とコメントを寄せた。

 昨年の「M-1グランプリ」で決勝に進出し、“史上最高齢ファイナリスト”として話題を呼んだお笑いコンビ・錦鯉。ボケ担当の長谷川は北海道・札幌出身で、“売れないピン芸人”としてもがいていた2011年夏、40歳の時に初めて帰省した様子を、HTBは深夜バラエティー番組「HTB深夜開拓魂『帰省なう』」で取材し、放送していた。

「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川
「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川
「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川

 同番組では、長谷川が相方・渡辺隆を連れて札幌へ帰省した21年春の様子に密着。母との再会や思い出の地巡りを取材し、奇跡の人生逆転劇をゴールデンタイムで伝える。ナビゲーターはオクラホマ(藤尾仁志、河野真也)、HTBの室岡里美アナウンサー。ナレーターは窪田等。

「帰省なう あれから…」錦鯉
「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川
「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川
「帰省なう あれから…」錦鯉・長谷川

【錦鯉 コメント】

── 今回の「帰省なう あれから…」を振り返っていかがですか?

長谷川 「10年前に来た時は、本当にただただもう少し続けたいというのをとりあえず母親に言って、何の根拠もなかったんですけど。それがやっと芸人として食べられるようになり、アルバイトを辞めることができて…報告しに行けたのが一番うれしかった。前回は僕1人だったんですけど、今回は相方を連れてあらためてあいさつに行けたのがよかった」

渡辺 「10年前の『帰省なう』を見させていただいて、前回は雅紀さんのお母さん、一切笑顔がないというような感じだった。雅紀さんがギャグやっても全然笑わないし。でも今回の『帰省なう あれから…』はお母さんの笑顔がたくさん見られたので、そこは本当に僕も見ていてうれしかった。『帰省なう あれから…』の本当の主人公は雅紀さんのお母さんだと僕は思っています。お母さんも見どころの一つ!」

── 前回(2011年放送 HTB深夜開拓魂『帰省なう』)は放送時間が深夜でしたが、今回は夜7時放送ですね。

渡辺 「HTBが暴挙に出たと思っています」

長谷川 「びっくりしたのはゴールデンタイム!!って! 深夜にやっていた『帰省なう』を見た人が、まさか10年後にゴールデンタイムでやるって誰が予想できた!?」

渡辺 「本当ですよ。10年前のあれを見て、売れるわけねーもんな、あの人本当に」

長谷川 「まさかの10年後ゴールデン。うれしくてうれしくて! ポスターをいろんなところに貼ってもらったりとか、ステッカーを地下鉄に貼って宣伝していただいて、本当にみんなに見ていただかないとだめだなと思います。小学校の時によく行っていた本郷商店街にもいろんなお店にポスターが貼っていて、それを母親や兄弟が見てポスター貼ってあったよと聞く」

渡辺 「これは本当に皆さんに見ていただかないと。本当にありがとうございます」

「帰省なう あれから…」錦鯉

── ゴールデンタイムを錦鯉が占拠しますね!

渡辺 「思いとしては大丈夫なのか(笑)、心配が大きいです」

長谷川 「今月何回か北海道にお仕事で来させていただいたんですけど、テレビをつけたら『帰省なう あれから…』の番宣がバンバン流れてきて、ちょっとプレッシャーじゃないですけど『あ、自分だ』と思って。でもこれを道民の皆さんが見てくれているんだと思うと感慨深いですし…」

渡辺 「本当にすごいですよ。作り話みたいな作り話じゃない話なので」

── 視聴率も期待していいですかね?

長谷川 「……そうです! ちょっとためらいましたけど、これはいくでしょう! いってもらわなきゃ困るしね」

渡辺 「皆さんのお力が必要となります」

長谷川 「ぜひ見てください! お願いします」

── ナレーターを「情熱大陸」の窪田等さんが務めます。

長谷川 「びっくりしましたよ。その話も聞いて」

渡辺 「バラエティーではなくなっている。ドキュメントみたいな」

── まるで「情熱大陸」でした。

渡辺 「おじさん2人が『情熱大陸』!」

長谷川 「いや~~~楽しみですよ」

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.