News ニュース

令和の時代に武士が降臨!?「武士スタント逢坂くん!」初回の場面写真が公開2021/07/12

 日本テレビで7月26日スタートの連続ドラマ「武士スタント逢坂くん!」(月曜深夜0:59。初回・第2回は深夜1:09)の場面写真が、ジャニーズWEST・濵田崇裕が演じる武士であり春画師の逢坂総司郎と、SixTONES・森本慎太郎扮(ふん)する漫画家アシスタント・緋村清人が令和の世で2人が出会う、初回の見どころとともに公開された。

 原作は、2019年11月~21年4月まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたヨコヤマノブオ氏の同名コミック。江戸時代、人気の春画師だった武士の逢坂総司郎(濵田)が令和の漫画家・宮上裕樹(今井隆文)のもとへタイムスリップする。現代で自由にあふれる「エロ漫画」に逢坂は、宮上の弟子になることを決意。「まん画」に出合った春画師“逢坂くん”が、時代を超えて「エロ」に「恋」と、「自分の春」を見つけだす純度100%コメディーだ。

 初回では、中堅漫画家の宮上が、締め切り寸前に絶大なピンチに襲われていた。宮上のチーフアシスタントの緋村は宮上の顔色を伺い、アシスタントの瀬戸水緒(長井短)は、スマートフォンでパシャパシャと写真を撮影。ピンチの原因、それは、全裸亀甲縛り状態の裸の武士・逢坂が突然、部屋に現れたためだった。

 「拙者、逢坂総司郎と申す。この通り、決して怪しい者にはござらん」。逢坂の話によると、風紀を乱すため、性の交わりを描いた浮世絵=春画が禁止されていた時代。春画師であった武士・逢坂は、隠れて春画を描いていたために、暗君・鶯谷寛喜に処刑されることに。「もっと、画を描きたかった…!」…しかし、目を開けるとここにいたという。つまり、処刑寸前に逢坂は江戸から現代へタイムスリップしたというのだ。締め切り寸前の宮上は訳の分からない状態に。不審すぎる逢坂に、緋村は「通報しよう」と促す。

 しかし、逢坂は「枠の中で、人が、妖が生きている…!!」と初めて見た「まん画」に感激。しかも、エロ漫画が自由に買えるなんて、なんてすてきな世なのかと号泣する。「宮上の下で『まん画』を学びたい! もっと画が描きたい!」と、ウブで純粋すぎる逢坂くんは、弟子入りを求め、宮上と出版社の担当編集との打ち合わせまで勝手に追跡。すると、出会った担当編集・丹内あたり(久保田紗友)に熱い胸の昂(たか)ぶりを感じ、とんでもないことをしてしまう。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.