News ニュース

SixTONES・森本慎太郎が「武士スタント逢坂くん!」でジャニーズWEST・濵田崇裕と共演!2021/06/21

 SixTONESの森本慎太郎、久保田紗友らが、ジャニーズWESTの濵田崇裕が主演を務め、日本テレビで7月26日にスタートする連続ドラマ「武士スタント逢坂くん!」(月曜深夜0:59)に出演することが分かった。

 原作は、2019年11月~21年4月まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたヨコヤマノブオ氏の同名コミック。江戸時代、人気の春画師だった武士の逢坂総司郎(濵田)が令和の漫画家・宮上裕樹のもとへタイムスリップする。現代で自由にあふれる「エロ漫画」に逢坂は、宮上の弟子になることを決意。「まん画」に出合った春画師“逢坂くん”が、時代を超えて「エロ」に「恋」と、「自分の春」を見つけだす純度100%コメディーだ。

 森本が演じるのは、宮上を支える5年目のチーフアシスタントで、宮上を尊敬してやまない緋村清人。「僕らしく緋村を楽しんで、逢坂くんをうまくサポートできたらと思っております。そしてたくさん笑っていただきたいし、緋村の成長も見ていただきたいです!」と意気込む森本は、「現場では、皆さんと仲良く撮影を進めているので、今後はさらにチームワークも出てくるはずです! 宮上先生の下でずっとアシスタントとして働いている、緋村、瀬戸の3人が出す空気感もありますし、そこに逢坂くんが突然加わったことで生まれる空気感もあると思うので、その新しい変化を感じていただけるように表現したいです」と張り切っている。

 また久保田は、逢坂が令和で恋に落ちてしまう、宮上の担当編集者・丹内あたりに扮(ふん)する。久保田は「このドラマを丹内さんとしてどのように面白くできるのか、試行錯誤しながら丹内さんの持つ真面目さと漫画愛、仕事愛を大切に演じていけたらと思っています。月曜日の深夜から視聴者の皆さんが、何も考えずに笑える時間をお届けできたらうれしいです」と抱負を述べ、「濱田崇裕さん演じる逢坂くんから伝わる、純粋な気持ちと真っすぐな視線に元気をもらえる作品です。個性豊かなキャストの皆さん、遊び心ある演出に毎日笑いが絶えず、楽しみながら撮影させていただいております」と現場の様子を報告する。

 さらに、逢坂が令和で「まん画」の「師匠」と仰ぎ、心から尊敬する中堅漫画家・宮上裕樹役を今井隆文、宮上のアシスタントで筋肉と男根好きな変わり者・瀬戸水緒役を長井短が務める。

 長井は「漫画に支えられて何とか人生やってきたので、こうして漫画家アシスタントの役をやれることが本当に本当にうれしいです。いつも楽しく読んでいる漫画が出来上がるまでってこんなに大変なのかと震えております。すべての漫画家先生への感謝が止まりません」と本作への出演を喜び、「少しでも、大好きな漫画に恩返しできるよう精いっぱい男根のことを考えて頑張りますのでお楽しみに!! 撮影快調です!!」とアピールする。

 今井は「びっくりしました。こんな大役が回ってくるとは思わず、決まった瞬間に何年かぶりにガッツポーズをしました。“漫画家のアシスタント”を演じることが多かったので、ついに“漫画家”を演ることになり、いろんな思いが込み上げました」と感無量な様子で、「宮上裕樹という人は、逢坂くんに出会い、支えられ成長をしていきます。が、現場では、主演である濵田さんを全力で支えられるよう精いっぱい演じていきたいと思います。休み終わりの月曜日に、たくさん笑っていただけるようにキャスト、スタッフ一同で笑いながら作っていきたいと思います」と気合を入れている。

 なお、シンドラYouTube(https://youtu.be/HejBuuOe1W8)では、主演の濵田が共演の4人について語ったスペシャルメッセージが公開中だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.